『オデッセイ』 (C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

写真拡大

2月5日より日本でも公開中のSF大作『オデッセイ』が、公開後31日間の累計で興収30億5282万700円、観客動員210万6570人を記録し、2016年に公開された洋画作品では初の興収30億円台に乗る大ヒットとなったことがわかった。

SF大作『オデッセイ』が観客動員100万人を突破!

また日本の大ヒットも後押しし、全世界の興収も6億2700万ドル(752億4000万円/1ドル120円換算)を突破。北米を除く海外興収も4億ドル目前まで迫るなど、リドリー・スコット監督作品史上最高の興行記録を更新し続けている。

同作は、火星での有人探査の最中、猛烈な嵐に巻き込まれ、死亡したと推測され、1人火星に取り残されてしまった宇宙飛行士のマーク・ワトニーが主人公。厳しい環境の中、たった1人取り残されたことに気づいた彼が、空気も水も通信手段もなく、わずかな食料しかない状況で、知恵と精神力、創意工夫の才能を発揮して、4年後のNASAの救出まで生き延びようとする姿を描き出した感動作。マット・デイモンが主人公のワトニーを演じている。

【関連記事】
どうやって火星から救出!? 『オデッセイ』救出シーンの鍵握る特別映像!
世界中が協力し合う救出劇に感動! 78歳リドリー・スコットの鮮やかさに感服のファンキーなSF
マット・デイモンが生き残りかけ火星で家庭菜園!『オデッセイ』予告編
マット・デイモン、リドリー・スコット監督作で火星に1人取り残された宇宙飛行士演じる