7日、劇場版「BORUTO−NARUTO THE MOVIE−(ボルト ナルト・ザ・ムービー)」が中国で公開されて2週間がたち、興行収入が1億元(約17億円)を突破、輸入版2次元アニメ映画の最高記録を塗り替えた。

写真拡大

2016年3月7日、劇場版「BORUTO−NARUTO THE MOVIE−(ボルト ナルト・ザ・ムービー)」が中国で公開されて2週間がたち、興行収入が1億元(約17億円)を突破、輸入版2次元アニメ映画の最高記録を塗り替えた。 人民網が伝えた。

アニメ映画市場は、中国国内さらには世界全体で見ると、注目に値する映画ジャンルとは言えない。アニメ映画の興行収入世界トップを誇る「アナと雪の女王」でさえも、「アバター」の40%にも届かなかった。また、国内では、「喜羊羊」や「熊出没」など、誰もが良く知っており、主要テレビ局で安定した視聴率を保っているアニメ作品に人気が集まる傾向がある。

劇場版「BORUTO−NARUTO THE MOVIE−」は中国では珍しい熱血バトルを題材としたアニメで、前売りは大ヒット作「西游記之大聖帰来(Monkey King: Hero is Back)」の約1000万元(約1億7000万円)を上回った。公開2週間後の現時点では、「名探偵コナン 業火の向日葵」の8161万元(約14億円)を追い抜き、1億元を上回った。小さな子供たちに絶大な人気があるコナンやドラえもんに比べ、「BORUTO−NARUTO THE MOVIE−」が未成熟のアニメ映画市場で1億元以上の売上を実現したことはまさに驚異的と言えるだろう。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/武藤)