4日、江西省南昌市の前漢海昏侯墓で出土した貴重な文化財を展示する「五色[火玄]曜―南昌漢代海昏侯国考古成果展」が北京の首都博物館で開催されている。

写真拡大

2016年3月4日、江西省南昌市の前漢海昏侯墓で出土した貴重な文化財を展示する「五色[火玄]曜―南昌漢代海昏侯国考古成果展」が北京の首都博物館で開催されている。多くの来場者が訪れており、光り輝く馬蹄金や麟趾金、金餅、金板などが最も注目を集めている。文化財当局はこのほど、測定の結果、これらの金製品の純度は約99%であることが分かったことを明らかにした。北京日報が伝えた。

展示されている麟趾金の重さは76.12-83.36グラム。馬蹄金は237.66‐246.29グラム。専門家によると、これら金製品は、五銖銭の展示ケースに隣接しているが、貨幣ではない。馬蹄金と麟趾金は、棺の近くに置かれており、天馬や瑞獣が、埋葬されている人を天に連れて昇ることを象徴しているという。

出土した金餅や金板も貨幣ではなく、酎金(ちゅうきん)という。酎金とは、前漢時代の諸侯が祭祀の際に皇帝へ差し出した献上金のことだ。

海昏侯にはなぜこれほどの金製品があり、その埋蔵品は、漢の武帝の孫である広陽王が葬られている北京の大葆台漢墓よりはるかに多いのだろう?秦・漢の歴史を研究している専門家・雷虹霽(レイ・ホンジー)氏は、「諸侯王は、列侯より高い身分だが、前漢の第9代皇帝・劉賀の身分や経歴は特別。史料の記載によると、劉賀は即位してすぐに廃されたものの、その後も父親の財産を継承した。同じ侯位でも、劉賀の墓は、馬王堆漢墓(湖南省)より重要。劉賀は王子侯であるのに対し、馬王堆漢墓に葬られているのは功臣侯だから」と分析している。(提供/人民網日本語版・翻訳/KN・編集/武藤)