月に一度のイライラ期…女性ホルモンを知ればPMSは乗りきれる?!

写真拡大

生理の周期や、生理前後の気分の変化やむくみなどの不快な症状でお悩みの方は多いのでは?

それらの生理の悩みは、“女性ホルモンの変化”や“私たちの気持ち”が関係しています。今回は、生理と女性ホルモンの関係や対策について一緒に考えてみましょう。
生理と女性ホルモンの関係
子宮の内側にできた“カベ”が剥がれて経血として排出されることを「生理」と呼びます。

この子宮の内側のカベを厚くする働きをするのが、“エストロゲン”と呼ばれる女性ホルモン。またの名を“卵胞ホルモン”とも言います。

妊娠すると、この子宮のカベが赤ちゃんを守るため体外に排出されなくなるのですが、エストロゲンは子宮のカベを作るだけでなく、女性らしい体を作り、肌のつやを出し、気持ちを明るくする役割も担っています。

­

もうひとつ、生理と深く関わっている女性ホルモンが“プロゲステロン”、またの名前を“黄体ホルモン”“妊娠ホルモン”とも言われています。

プロゲステロンは子宮の働きを整え、妊娠にむけて水分や栄養を蓄えたり、イライラする気持ちを引き起こす役割を担っています。

生理前にイライラしたり、むくんだりという悩みには、このプロゲステロンが深く関与しているわけです。

­

このふたつのホルモンの働きによって月経周期が生まれ、妊娠する準備や、妊娠しなかった場合には生理としてリセットされて、毎月約28日の周期で繰り返されているのです。
生理不順
疲れが溜まっているときなど、「毎月同じ周期で生理がこない」と悩んだことはありませんか?

生理は気持ちや体のストレスバロメーターと言われるほど、女性ホルモンのバランスは私たちの気持ちや体に直結しています。

­

排卵前はエストロゲンが増え、赤ちゃんを守るクッションの役割をもつ子宮のカベを厚くします。そして排卵後にエストロゲンとプロゲステロンが更に増えて、子宮の中では妊娠の準備が始まるのです。

また、妊娠していない場合は、生理が始まる準備としてこのふたつのホルモンが減少します。

このふたつのホルモンは脳下垂体というところから指令を受けて分泌されるのですが、ストレスや生活の変化などで上手く指令がいかないと生理不順になってしまうのです。

春は新しい環境での生活が始まったりと、ストレスがかかりやすい季節でもあります。だからこそ、少しでもリラックスし、気持ちや体を休ませる時間を作れたらよいですね。しっかり睡眠をとる、規則正しい生活リズムを作ることも大切ですよ。
PMS(月経前症候群)
生理前後に気持ちがイライラしたり、むくみを感じたりする生理前の不快症状をPMS(月経前症候群)といいます。

排卵後にはプロゲステロンが急増し、エストロゲンが減少することで生理に向けた準備が始まりますが、プロゲステロンの働きには気分をイライラさせたり、むくみやすくする働きがあるのです。

­

症状の違いはあれど、誰にでも起きるホルモンの変化によるPMS。こんなときこそ自分に優しく、普段より気持ちに余裕を持って過ごすとよいでしょう。

また、負担にならない程度に体を動かすことも効果的です。天気がいい日には外に出て散歩をするのもオススメです。

太陽の光にあたることで幸せホルモンと呼ばれる“セロトニン”も分泌されるので、気分転換になるかもしれませんよ。

­

いかがでしたか? 生理や女性ホルモンは、こんなにも私たちの気持ちや体の状態に直結しているのです。まさに、今の自分の状態を知ることができる大切なバロメーター! 気持ちの変化を上手に受け入れて、リラックスして過ごしてみましょう。

­

<プロフィール>

宮村さき

美容ライター/コスメコンシェルジュ。

外資系コスメの元トップ販売員。売上1位の実績から、スタッフへのスキンケア研修なども行う。コスメコンシェルジュの資格を取得後、美容コンテンツ制作会社へ入社。編集業務に従事する傍ら、自身の経験を活かした美容テクニックをコラム等で紹介している。

­

写真© Antonioguillem - Fotolia.com