中国では昨今、かつての日本のように韓流ブームが起き、韓国で美容整形の手術を受ける女性が増えている。韓国は世界有数の整形大国であることは中国でも広く知られている。

 中国メディアの新華社はこのほど、韓国メディアの報道を引用し、韓国の製薬会社が行った調査の結果として、韓国では女性の約6割が自分の容姿に不満を抱いており、4割を超える女性が美容整形の手術を受けたことがあると回答したことを紹介した。

 記事は、アイルランドの製薬会社の韓国子会社が行った調査として、97%の韓国人女性が「美しさを保つことは重要」と回答する一方、61%の女性が「自分の容姿に満足していない」と回答したと紹介した。

 調査結果で驚くべき点は、美容整形を受けたことがあると回答した韓国人女性は42%に達し、「まだ手術は受けていないが、将来的に受けたいと考えている」と回答した女性も同じく42%に達したことだ。韓国では女性の美容整形手術がごく身近にあり、あまり抵抗なく手術を受けている実態が見て取れる。

 続けて、「美しさを保つことは重要」と回答した理由について、約70%の女性が「自分に自信を持つため」と回答したほか、37%の女性が「彼氏や夫の歓心を買うため」と回答したと紹介。また、今回の調査結果に対し、記事は「韓国の総人口に占める美容整形手術を受けた人の割合は世界一だ」などと伝えた。

 中国国内においても美容整形手術の件数は年々増加しているが、やはり韓流ブームの影響か、韓国での美容整形は人気が高い。だが、韓国で美容整形手術を受ける中国人が増加するに従い、トラブルも増加している。中国メディアの報道によれば、湖北省武漢市に住む27歳の女性が2015年、10万元(約190万円)あまりを支払って韓国での整形手術を試みたところ、帰国から1週間足らずで鼻が腫れて腐り始めたという事例があるほか、手術によって顔の神経が傷つき、顔が歪んでしまった女性もいるという。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)