ベトナム戦を前になでしこ終戦、リオ五輪出場完全消滅…豪、中が五輪王手

写真拡大

 日本女子代表(なでしこジャパン)のリオデジャネイロ五輪出場の可能性が完全に消滅した。

 7日になでしこジャパンはベトナム女子代表と対戦するが、その前に行われた試合で2位の中国女子代表が韓国女子代表を1-0で下した。前半43分に左サイドから上がったクロスをFWワン・シャンシャンが頭で合わせて先制。この1点を最後まで守り抜いた。

 この結果、中国の勝ち点は「10」となり、同「1」のなでしこが残り2試合で追い抜くことが不可能となった。アテネ、北京、ロンドンと続いていた五輪連続出場は3で途絶え、シドニー大会以来の予選敗退となった。

 また、この後に行われる試合でオーストラリア女子代表が北朝鮮女子代表を相手に引き分け以上の成績を残せば、リオデジャネイロ五輪のアジア代表枠はオーストラリアと中国で決まることになる。

(取材・文 児玉幸洋)
●リオ五輪女子アジア最終予選特設ページ