2016年3月1日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、ルノーのMPV「セニック」の4代目モデルが世界初公開されました。

最新のルノーフェイスとなった新型セニックの特徴は、最新の燃費トレンドのひとつである狭幅・大径タイヤを採用していること。20インチながら195幅というのがユニークなスタイルにもつながっているようです。

パワートレインでは、スターター・ジェネレーターを使った48Vのマイルドハイブリッドシステムを設定。エンジンは6種類のディーゼルと、2種類のガソリンを用意しています。トランスミッションは6速MTと7速EDC(デュアルクラッチトランスミッション)の設定です。

空力性能面ではCdA(ドラッグエリア)を従来モデルの0.840に対して0.775に低減しているのも注目です。

フロントカメラと赤外線センサーを使った自動ブレーキ「AEBS(アクティブ・エマージェンシー・ブレーキ・システム)」も採用。50〜160km/hでの追従クルーズコントロールも可能にしているということです。

大きなパノラミックガラスルーフや8.7インチの大型ディスプレイによるマルチメディア・タブレットなどキャビンの快適性でも先進的な魅力をアピールしている新世代MPVです。

●新型ルノー セニック ボディサイズ
全長:4406mm
全幅:1865mm
全高:1653mm
ホイールベース:2734mm
タイヤサイズ:195/55R20

The new Renault SCENIC_geneva16Renault_76020_global_enRenault_76027_global_enRenault_76029_global_enRenault_76030_global_enRenault_76031_global_enRenault_76009_global_enRenault_76007_global_enRenault_76008_global_en

(山本晋也)

20インチタイヤ採用、ルノー・セニック、ジュネーブで世界初公開(http://clicccar.com/2016/03/07/357731/)