ロールスロイスのスポーツ・クーペ「レイス」の改良型プロトタイプをキャッチしました。

改良型では新LEDランニングデイライトを始め、フロントやリアバンパーの修正が行われる見通しです。また「レイスシリーズII」と名称変更が予定されています。

パワーユニットは最高馬力624psを発揮するV12エンジンを搭載し、8速ZF製トランスミッションが採用されています。

Spy-Shots of Cars This image has been optimized for a calibrated screen with a Gamma of 2.2 and a colour temperature of 6500°K

さらに0→100km/h加速は4.5秒を叩き出し、「ゴースト」以上の走りを見せてくれるようです。

世界公開は2016年10頃が有力視されています。

(apollo)

ロールス・ロイス レイス、改良型で走りを磨く!(http://clicccar.com/2016/03/07/357674/)