ボーイングは最新型トイレを開発した。利用者が去ると、自動的に蓋などが持ち上げられ、紫外線をくまなく照射。たった3秒で細菌の99.99パーセントを撃退し、悪臭もなくすというものだ。

Watch this on The Scene.

エコノミークラスでの飛行機の旅は、なんとも惨めな気持ちになる。空港では米運輸保安局(TSA)のセキュリティチェックに苦しめられ、機内では窮屈な座席に身を収める。フードサーヴィスはなくなったので、空港で買った12ドルのサンドイッチを悲しく食べる。

「紫外線で「清掃」する、ボーイングの最新トイレ(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

こんな体験を少なくともちょっとは改善しようと、ボーイングは機内のある場所に着目した。トイレだ。

ボーイングはこの1年、最新型トイレのプロトタイプ作成を進めてきた。乗客が残した細菌の99.99パーセントを、紫外線を使ってたった3秒で撃退するというトイレだ(ただし、どんなに紫外線を当ててもそれだけではきれいにできない汚れが残ってしまうため、各フライトの間にはまだ、航空会社のクルーがトイレ清掃を行う予定だ)。

乗客がトイレを去ると、トイレの蓋などが自動で持ち上げられ、紫外線による「消毒」が行われる。リリースによれば、このプロセスで、悪臭も消えるという。

公開されたのはプロトタイプであり、ボーイングではまだ、実用化する際に使用される部品などの最終決定をしたわけではない。だが、複数の航空会社がこのトイレに関心を示しており、開発過程を前進させているとボーイングは話している。

真ん中の列の座席サイズが大きくなることはないとしても、少なくともトイレの便座に座っている時間は、いまより少しは快適になるはずだ。

※ 下記ギャラリーは、2015年12月25日公開記事「最悪の飛行機体験を変える『最高のアイデア』」より。

morph-adjustable-seats-660x440

2/6(関連記事)座席幅を調整できる旅客機シート「Morph」

paperclip-armrest-2-inline

3/6(関連記事)隣り合った座席同士の紛争をなくす「2階建てアームレスト」

04priestman-goode-04

4/6(関連記事)航空機内デザインの革新:乗客に1つずつモニター画面を与えるより、乗客のタブレットを設置する工夫の方が重要だ

mercedes-benz-lufthansa-01

5/6(関連記事)メルセデスが考える、これからのプライヴェートジェットと「未来の贅沢」

spike-interior-screen-660x371

6/6(関連記事)窓を全面スクリーンで代替した超音速ジェット機

関連記事:ボーイングに搭乗するジャガイモ軍団:機内Wi-Fiテストにて

TAG

BathroomBoeingDesignVideoWIRED US