【試乗記】レクサス「NX」には、熱いスポーツ魂が込められている:木下隆之

写真拡大

 ある意味において、レクサスのおもてなしの心が凝縮されたモデルだと思える。レクサスが2014年にデビューさせた「NX」には、細部にわたって、レクサスらしい力強いメッセージが込められているのだ。

 鍵を握るのは、レクサスNXは、レクサスにとって待望のニューモデルであるという点だ。立ち位置でいえば、レクサスRXの弟分になる。

 車格はひと回りコンパクトだし、搭載されるエンジンは2種類。2.5リッター直列4気筒ハイブリッドの「300h」と、2リッターターボの「200t」である。それぞれに2WDとAWDが選べる。RXで選択できる3.5リッターV型6気筒ハイブリッドは搭載されない。

 ただ、RXは長い歴史があり、先日デビューした新型もモデルチェンジである。ゆえに、既存の固定ユーザーを抱えている。そのために、乗り換えユーザーの期待を裏切ることが許されず、物事が保守的に進められる。
 一方のNXは、まったくの新規。新しいメッセージを声高に叫ぶことができる立場にあるのだ。
 開発責任者である加藤武明CE(チーフ・エンジニア)は自らステアリングを握ってレースに挑むほどのドライブ好き。同時に、オタクかと思えるほどクルマを愛している。細部にわたってのこだわりは半端なレベルではない。

 ドライビングインプレッションの前に、おもてなしの施策の一部を報告しよう。

 カップホルダーの底には、滑り辛いシリコン製マットが敷かれている。これが求めるのは、運転中にペットボトルのスクリューキャップを"片手"で空けやすくするためだ。

 テールランプは、リアハッチとリアフェンダーに、別れて取付けられており,それに一体となる。だが、ハッチとフェンダーの間には当然ながら隙間が残る。その隙間が、テールランプを視覚的に分断してしまう。それを嫌った加藤CEは、その隙間に反射板を埋め込んで、一体感を演出してみせた。

 声高に効果を叫ぶほどでもない些細なことかもしれないけれど、開発責任者の熱い思いを紹介するのには好例だろう。おもてなしの心はこんなところにも行き届いているのだ。

【ギャラリー】LEXUS NX (70枚)


 さて、インプレッションに移ろう。
 試乗車は「300h」の標準車である。スポーツフィールを謳うFスポーツではない。という理由もあって、乗り心地は驚くほどいい。SUVに対して無骨なイメージを抱いている読者がいるのならば、その先入観は改めたほうがいい。少なくともNXは、しっとりと上質な乗り心地に終始する。

 パワーユニットは、もろちん力強い。エンジンの最大出力が152ps/5,700rpm。フロントモーターが143psを発揮する。さらにこれがAWDとなると68psのリアモーターが加勢する。フルスロットルに挑めば、力強いダッシュ力を見舞うのも道理。

 ともあれ、強引な加速はNXには似合わない。その気になれば加速は鋭いという意味で、日常の穏やかなスロットルワークでも、過不足ない加速を披露するようにしつけてあった。

 ハンドリングも軽快そのものである。このクルマでワインディングを攻めようなどとは考えもしなかったが、たとえ峠に足を伸ばしてもイライラすることはないだろう。

 そもそも都会の交差点や、高速道路のランプウエイなどで、気持ち良さが味わえる。

 直進性は驚くほど正確だ。それでいて、ステアリングの切り込みに対しては、まったく遅れることがなく反応する。そのあたりの気持ち良さを感じると、ついついペースを上げてみたくなるのである。

 レクサスNXのキャッチフレーズは「アーバン・プレミア・スポーツ・ギア」である。都会をユルユルと走るのが最近流行のコンパクトSUVの本来の姿だと思っていたが、NXには熱いスポーツ魂が込められていたのだ。

■レクサス 公式サイト
http://lexus.jp

■レクサスNX 公式サイト