ゴルフ トゥーランはコンパクトMPVとして2003年に発表されました。5代目ゴルフの姉妹モデルとなります。これまで基本を踏襲しながらも2007 年と2011年に大幅な改良を行い進化してきましたが、2016年モデルとして初めてのモデルチェンジを行いました。

上 質感のあるフロントマスクは水平基調のラインで構成され、従来よりワイドになったボディをより強調しています。ワイドになったヘッドライトはより立体的な造形となり、アグレッシヴな印象を与えます。さらに今回試乗したハイラインでは、LEDヘッドライト&LEDターンシグナルを標準装備。

IMG_1336 IMG_1337

ボディサイドはホイールアーチと複数の水平ラインが視覚面でのアクセントになっています。

次世代モジュールコンセプ ト「MQB」をボディに採用し、ボディサイズは全長4527mm、全幅は1830mmとやや広がり、全高は1659mmと少し低くなり、ワイド感と低重心 が印象的です。

リアビューはボディサイドから伸びたキャラクターラインが車両全体の造形的な一体感を高める役割をしています。このキャラ クターラインは左右のテールランプ両端と結んでおり、その中央にVWエンブレムが配置。従来と比べさらに個性的なデザインとなりました。テールランプ点灯 時もLEDが生み出すグラフィックが描き出され、個性をさらに強調しています。

IMG_1346

インテリアは最新のゴルフ との共通部品も見られますが、大きな改良を行い、ドライバー中心のレイアウトになっています。

視認性の高い260km/hまで刻まれたメーター類、フルカ ラーのマルチファンクションディスプレイも装備されています。また、イルミネーションも空調も含めホワイトに統一。よりスタイリッシュになった印象をドラ イバーに与えます。

IMG_1271

スマートキーを採用しているため、エンジンスタートはボタンにて行いま す。直列4気筒DOHC 1.4リッターターボエンジンは、アイドリングから結構勇ましい低音の効いたサウンドを響かせ、フォルクスワーゲンが言う「ドライバーズミニバン」という 意味がこのようなところからも理解できます。

IMG_1351

最高出力は150PS/5000-6000rpm、最大トルクは250Nm(25.5kgm)/1500-3500rpmを発生する新開発ユニットを積むこのクルマは、走り出しから軽快。スっと軽やかに決して小さくないボディを押し出します。

今回の試乗は高速が中心でしたが、短時間の街乗りでは17インチタイヤの影響かやや硬さは気になるものの、そこは、ドイツ車の常。ブレーキも国産車のカック ンブレーキから乗り換えた場合、初期制動の立ち上がりが穏やかなため、軽いタッチではブレーキがあまり効かないと思うかもしれませんが、これも欧州車の常であり、踏めば踏力に比例して制動が立ち上がる自然なフィーリングです。

IMG_1344

高速の合流でアクセルを踏み込むと、勇ましい低音を響かせ軽やかに加速。十分速いといえる動力性能の持ち主です。

道路の継ぎ目でもレーンチェンジでもカッチリした剛性感を味わうことができ、流石にフォルクスワーゲンだな…と感じることができます。

高速コーナーでも、ロールは見事に抑え込まれ、路面に張り付いたままフラットに駆け抜けてくれるあたりも、思わず、このクルマがミニバンであることを忘れさせてくれます。

IMG_1373

余談ですが、LEDヘッドライトを点灯すると青みのない純白な光線がラインを照らし出しますが、明るさという点ではまだまだディスチャージにはかなわないという印象を受けました。

ユーロNCAPの衝突安全テストで最高評価の5つ星を獲得した「ゴルフ・トゥーラン」。家族の安全を第一に考えながらも、運転の楽しみも忘れていない理想的な一台と言えるでしょう。

IMG_1347IMG_1384IMG_1385IMG_1386IMG_1395IMG_1398IMG_1396IMG_1375IMG_1378IMG_1377IMG_1371IMG_1373

(文/写真:外川 信太郎)

VW「ゴルフ・トゥーラン」は運転も家族も楽しめるスタイリッシュミニバン(http://clicccar.com/2016/03/07/357525/)