4日、米テキサス州ヒューストンの銃販売店で1日、覆面の強盗団が押し入った様子が撮影された防犯カメラの映像が話題になっている。資料写真。

写真拡大

2016年3月4日、米テキサス州ヒューストンの銃販売店で1日、覆面の強盗団が押し入った様子が撮影された防犯カメラの映像が話題になっている。

米紙ニューヨーク・ポストなど複数の米メディアによると、1日午前4時30分ごろ、約10人の覆面姿の強盗団がテキサス州ヒューストンの銃販売店に押し入った。防犯カメラには、強盗団が店のドアとトラックを鎖のような物でつなぎ、トラックを動かしてドアを壊した後に店内に入り、50丁以上の銃を盗む様子が移っている。複数の容疑者が逮捕されたが、警察は引き続き、逃走中の容疑者の行方を追っている。(翻訳・編集/蘆田)