7日、中国のネットでここ数日、代わりに服役してくれる人を募集する書き込みが話題を集めている。イメージ写真。

写真拡大

2016年3月7日、中国のネットでここ数日、代わりに服役してくれる人を募集する書き込みが話題を集めている。

ネットで広がった書き込みには、「凱里市(貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州)で代わりに服役してくれる人を急募する。前科がなく20〜28歳の男性に限る。刑期は5年2カ月で、報酬として服役前に750万元(約1億3000万円)を一括で支払う」と書かれ、連絡先も添えられていた。

5日には、書き込みにあった連絡先の男性が事情を説明。友人の恋人が面白半分で自分の名前と電話番号を4日にSNSで発信。5日までに書き込みを見た5、60人から応募の連絡があった。

男性は、「この電話番号は何年も使っているためできれば変えたくない」とし、友人の恋人に悪意はなかったため通報していないと語っているが、弁護士は男性の友人の恋人の行為が名誉毀損(きそん)やプライバシー侵害に該当しているとした上で、通報せず放置し書き込みがさらに広がり影響が多方面に及んだ場合、男性にも責任が問われる可能性が出てくると述べ、通報した方がいいと助言した。(翻訳・編集/内山)