トランプ氏の人工知能bot、ツイッターで「活躍」

写真拡大

マサチューセッツ工科大学(MIT)が「人工知能(AI)のドナルド・トランプ」を開発した。本物そっくりにナンセンスな発言を自動ツイートできるものだ。

We have to make the United States. They can’t do it. Because I’m going to pay for the country.

「トランプ氏の人工知能bot、ツイッターで「活躍」」の写真・リンク付きの記事はこちら

― DeepDrumpf (@DeepDrumpf) 2016年3月3日

マサチューセッツ工科大学(MIT)が「人工知能(AI)のドナルド・トランプ」を開発した。本物そっくりにナンセンスな発言を自動ツイートできるものだ。

MITコンピューター科学・人工知能研究所(CSAIL)の研究者によって開発されたこのAIのトランプ氏は、「まるで本物のトランプ氏のような発言」を人間の力を一切借りずに行える。

「たった数時間」分というトランプ氏の勝利演説と討論会の文章を使って訓練されたこのボットは、データを分析し、文字ごとに新しいフレーズを再構成するという。

開発したブラッドリー・ヘイズ博士研究員によると、このボットは、メッセージを一から組み立てており、単に既存のフレーズをつなぎ合わせるだけではないと述べている

「たとえば、このボットがツイートをアルファベットの M で始める場合(頭文字についてはランダムに選択される)、そのあとには A、さらにそのあとに K と続く可能性が高い。最終的には、トランプ氏の選挙戦スローガンである“Make America Great Again(偉大なアメリカを再び)”とタイプされる可能性が高くなります。その後、ボットはまた次の文を作成し始め、最終的に140字の上限に達するまで、このプロセスが繰り返されます」

I’m what ISIS doesn’t need.

― DeepDrumpf (@DeepDrumpf) 2016年3月3日

その結果は、いかにも本物のトランプ氏が投稿しそうなツイートに驚くほど近い。ある投稿では、「わたしはISISに必要とされていない」とツイートしている(上のツイート。また、3月5日には、「われわれは本当に愚かな国民を持っている」とも投稿している)。

we really do have people that are stupid.

― DeepDrumpf (@DeepDrumpf) 2016年3月4日

また、このAIのトランプ氏は、本物のトランプ氏のツイート(メイン州ポートランドで開かれる党員集会に向かっているという内容)に対して次のように返信もしている。「いますぐ彼らは金を払うはずだ、間違いなく。わたしは大金持ちだ。彼らを支援して、彼らを手に入れたい」

@realDonaldTrump They’re going to be paying right now, and like, absolutely. I’m really rich. Oh I want to support and have them.

― DeepDrumpf (@DeepDrumpf) 2016年3月3日

このシステムは、ニューラルネットワーク技術を使っている。本格的なツールからヴァイラル系の風変わりなもの(日本語版記事)まで、さまざまなAIデモンストレーションに用いられているのと同様のものだ。最近では、シェイクスピアの模倣で大きな成功を収めた取り組み(日本語版記事)もある。

トランプ氏をAIにするのは、さほど難しくなかったという。「トランプ氏の言葉は単純化される傾向があるので、モデリングの研究課題として、彼は最も扱いやすい候補だと思いました」とヘイズ博士研究員は語る。

「このシステムのアルゴリズムは、基本的に、入手できたすべてのデータから基礎構造を学習して、教えられた構造を反映するようなデータのさまざまな組み合わせを考え出します」と彼は説明する。

しかし、今回の取り組みは、不可能とも言える課題への挑戦でもあった。トランプ氏本人の論理の組み立て方や文章の構造、スペリングは独特であり、どんなAIにとっても、その特徴をとらえるのは容易ではないと思われる。

ニューラルモデリングに関する複雑性をテーマとして研究するヘイズ博士研究員は、今後はほかの米大統領選候補者のモデルも開発して、AI同士で堂々巡りの議論を行わせたいとしている。

なお、このボットは、グーグルの人工知能「ディープマインド(日本語版記事)」ならぬ、ディープドランプ(「@DeepDrumpf」)と名づけられている。この名前はもともと、先日放送された米HBOの風刺番組「Last Week Tonight」の司会者ジョン・オリヴァーの発言にちなんだものだ。トランプ氏の先祖が、姓をドイツ起源のドランプ(Drumpf)からトランプ(Trump)に変えたということを紹介したこの発言から、「ドナルド・ドランプ」という名称がインターネット・ミームになったのだ。

関連記事トランプは選挙をリアリティショーに変えた - 連載「SUPER ELECTION」第1回

TAG

AIMITPresidential ElectionRecommendTwitterWIRED UK