写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通は3月4日、三井住友銀行の融資電子契約システムを構築し、2016年2月より稼働を開始したことを発表した。

同システムは、電子署名を活用したことで、取引印の押印に関わる時間や場所の制約を受けずに契約手続きを進めることが可能となり、Web上で一連の契約手続きを完結できるシステムとなっている。これにより、融資の契約手続きに要する期間を短縮することが可能となったとしている。

また、タッチパネルディスプレイを活用した新たな融資事務管理システムも構築。点検の効率・精度向上、および電子契約書類の点検から保管までの一貫したペーパーレス化を実現するという。

今回、業務プログラム開発支援ツール「FUJITSU Software Interdevelop Designer(インターデベロップ デザイナー)」とアプリケーションフレームワーク製品「FUJITSU Software INTARFRM(インターファーム)」をベースにシステム構築されている。

同社によると、融資取引における電子契約の導入は、邦銀初の取り組みだという。

(石原由起)