温泉は世界各国に存在し、それぞれに独特な温泉文化が形成されている。日本の温泉文化も日本ならではのものだ。日本の温泉は一般的に男湯と女湯に分かれており、混浴が可能な温泉は決して多くはないが、中国では日本の温泉は多くが「混浴」であると誤認している人は少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 温泉は世界各国に存在し、それぞれに独特な温泉文化が形成されている。日本の温泉文化も日本ならではのものだ。日本の温泉は一般的に男湯と女湯に分かれており、混浴が可能な温泉は決して多くはないが、中国では日本の温泉は多くが「混浴」であると誤認している人は少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、「混浴の温泉で中国人は日本人女性に疎まれている」と主張する記事を掲載し、日本で温泉に入浴する際には日本のマナーを守る必要があると論じた。

 記事は、日本の混浴の温泉としているが、もしかしたらスパや健康ランドのような公衆浴場を指しているのかもしれない。いずれにせよ、中国人旅行客は男女が水着を着用して入浴するような施設において「嫌われている」と主張し、その理由として「中国人旅行客は浴場で日本人女性を凝視するからだ」と主張。

 実際にトラブルが発生したのかは定かではないが、外国人旅行客の間で日本の温泉文化の人気が高まっていることで、水着着用のうえで混浴を実施している温泉施設があると紹介し、こうした施設は中国人旅行客にとって人気の的だと紹介した。

 一方で、一部の施設の関係者の話として「女性客を凝視する中国人男性が多い」と伝え、こうした非常識な行為が混浴の場において中国人旅行客が疎まれる結果につながっていると論じた。

 続けて、混浴など温泉の場にかぎらず、中国人は「視線の管理」ができていないと主張し、日本では他人を凝視することはマナー違反につながる可能性があることを紹介。特に日本においては「視線」というものは、その人の礼儀や教養などを映す鏡であるとし、日本を訪れる中国人旅行客は日本の習慣やマナーを尊重する必要があると論じた。

 確かに日本と中国では「視線」に対する考え方は大きく異ると言える。例えば、スーパーなどで買い物をしている際、他人の買い物カゴのなかを覗きんで凝視する行為は日本であれば非常に失礼にあたるであろう。だが、中国ではカゴの中身を覗いてくる人は少なくない。こうした点からも日中では「他人を見る」という行為についての考え方が違うことが見て取れるが、日本では温泉に限らず他人を凝視することは、相手に不快感を与える可能性があるため凝視することは避けたほうが無難だろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)