従来モデルからデータ転送を高速化、よりコンパクトに

写真拡大

日本マイクロソフトは、「Microsoft Wireless Display Adapter(マイクロソフト・ワイヤレス・ディスプレイ・アダプター)」を2016年3月25日に発売する。

ワイヤレスディスプレイ規格「Miracast」対応。Wi-Fiアクセスポイントなどのインターネット環境や専用アプリケーション不要で、パソコンやスマートフォン(スマホ)/タブレットなどの対応機器と、HDMI入力端子を備えた液晶テレビやディスプレイを簡単にワイヤレス接続。リビングの大画面テレビでスマホ/タブレット内に保存された動画や写真を楽しめる。

従来モデルからデータ転送速度を改善し、より速く画面共有が可能になったほか、さらなるコンパクトサイズを実現し、付属のキャップにアダプター両端を接続できるなど携帯性が向上したという。

「Surface」シリーズ、Windows 10/8.1搭載PC、Windows 10 Mobile、Android 4.2.1〜5.0搭載スマホ/タブレットなどに対応する。

価格は6980円(税別)。