6日、中国・北京市から台湾を高速道路でつなぐという計画のうち、台湾海峡の海底トンネル建設について、中国福建省幹部は、技術的な検証は済んでおり、実現するかどうかは「台湾の意向次第だ」との認識を示した。

写真拡大

2016年3月6日、中国・北京市から台湾を高速道路でつなぐという計画のうち、台湾海峡の海底トンネル建設について、中国福建省幹部は、技術的な検証は済んでおり、実現するかどうかは「台湾の意向次第だ」との認識を示した。法制晩報が伝えた。

福建省福州市平潭県の経済試験区の幹部が、全国人民代表大会(全人代)の同省代表団全体会議で述べた。

同幹部は、海底トンネル計画案の北、中、南の3本のルートのうち、平潭から台湾・新竹を結ぶ北ルート(全長126キロ)が用地選定候補として専門家の間で有力だと指摘。中台が10年間、毎年1回、シンポジウムを開催して検討を重ね、海底の地形状況は完全に把握できているとした上で、「技術的な問題はない。実現するかどうかは台湾の意向次第だ」と述べた。(翻訳・編集/柳川)