<WGC-キャデラック選手権 最終日◇6日◇トランプナショナル・ドラール(7,543ヤード・パー72)>
 トランプナショナル・ドラールを舞台に開催された世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-キャデラック選手権」。41位タイからスタートした松山英樹は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“73”でラウンド。トータル4オーバーの35位で4日間の戦いを終えた。
【関連写真】松山英樹のドライバーショットを丸裸!連続写真
 「相変わらずいいところあれば悪いところもあって」と出入りの激しいラウンドとなった最終日。前半はトリプルボギー、ダブルボギーとスコアを落としたが、後半は別人のようにバーディを積み上げた。「良くなりつつはあるし、良いものが出たところもある」。収穫は十分にあった。
 その手応えを感じられたのも4日間ラウンドできたからこそ。先週の「ザ・ホンダ・クラシック」を途中棄権する原因となった股関節痛は「始まる前は不安だったけど、いざ始まれば、体の調子も日に日に良くなった。今日は何も気にすることなく回れた」と回復。「こうやって“悔しい!”と終われたのも、体あってのこと」と白い歯をこぼした。
 来週はオープンウィークとして、次は「アーノルド・パーマー招待」に出場する。「これで無理してまたケガをすると何の意味もないので無理せずに。その中でしっかりと練習もして準備したい」。「マスターズ」まであと1か月。焦ることなく自分のペースで機運を高めていく。
【最終結果】
優勝:アダム・スコット(-12)
2位:バッバ・ワトソン(-11)
3位T:ローリー・マキロイ(-10)
3位T:ダニー・ウィレット(-10)
5位:フィル・ミケルソン(-9)
6位:ジミー・ウォーカー(-8)
7位:ポール・ケーシー(-6)
8位T:スマイル カウフマン(-4)
8位T:リッキー・ファウラー(-4)
10位T:セルヒオ・ガルシア(-3)他
35位T:松山英樹(+4)他
42位T:キム・キョンテ(+6)他
61位T:宮里優作(+15)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイング解説】米2勝目の松山英樹、高精度アイアンのカギは右ヒザにあり!
松山英樹も石川遼結婚に喜び「支えになっているんじゃない?」
石川遼、若くしての結婚は本田圭佑へのあこがれも【コラム】
ユーザーが選ぶNo.1ぶっ飛びドライバーがこれだ!