小松菜奈&菅田将暉のダブル主演で「溺れるナイフ」実写映画化。

写真拡大

「別冊フレンド」(講談社)にて2004年10月〜2013年12月に連載されたジョージ朝倉原作のコミック「溺れるナイフ」の実写映画化が決定した。小松菜奈、菅田将暉が主演を務める。

原作「溺れるナイフ」は、連載開始当初から熱狂的な支持を受け、現在までに累計発行部150万部以上(全17巻)を誇るほか、2010年度「このマンガがすごい!」オンナ篇 (宝島社)第17位/第2回anan漫画大賞(マガジンハウス)候補に選ばれるなど、人気と実力を兼ね備えたコミックス。まだ何者でもなく、何者にでもなれると感じる「10代の一瞬間(=全能感)」の謳歌、挫折、そして再生を、10代の少年少女たちを通して、激しくも儚く、そして美しく描かれる壮大なラブストーリーだ。

メガホンを執るのは、2012年の「あの娘が海辺で踊ってる」デビューから、「おとぎ話みたい」「5つ数えれば君の夢」など、目を見張るスピードで独自の美学溢れる青春映画を進化させ、注目を集める新鋭の山戸結希監督。

そしてティーンモデルとしての絶頂期に田舎へ引っ越すことになり絶望していたが、コウとの出会いで何かが変わっていく主人公・望月夏芽役を小松菜奈が務める。小松は2013年の映画「渇き。」での鮮烈デビュー以降、数多くの作品でヒロイン役を演じてきたが、今回が初の主演映画だ。

夏芽の美しさに自分と同じ特別な力を感じて、ぶつかりあいながらも強烈に惹かれあう神主一族の跡取り息子・長谷川航一朗役には菅田将暉を起用。恋愛映画としては初主演となり、この2人によるW主演となる。

さらに、共演者として、コウとの関係に傷ついた夏芽にそっとよりそうクラスメイトの好青年・大友勝利役を重岡大毅(ジャニーズWEST)、夏芽とコウの2人に羨望のまなざしを向けるウブなクラスメイトの松永カナ役を上白石萌音が演じる。

映画「溺れるナイフ」は2016年秋全国ロードショー。

☆小松菜奈コメント

最初、夏芽のことがよく分からなくて、日々の撮影もハードな中で、不安になったりしました。迷惑をかけたり、悔しい思いもたくさんありました。でも、共演者やスタッフの方々が明るく接してくださり、私もリラックスして、夏芽として最後までやり通すことができました。菅田さんとは二度目の共演となりますが、コウちゃんが菅田さんで本当によかったなと思います。あるシーンでは笑いあって本当に幸せなコウと夏芽がそこにはいました。和歌山での撮影も含め、撮影期間の3週間はまるで三か月ぐらいにも思えましたが、自分と夏芽を重ね合わせられたことも良い思い出になったなって思えます。

☆菅田将暉コメント

僕自身、初めての経験でしたが、非常にピリピリした現場でした。だからこそ生まれるものがあると信じて臨んでいました。コウは、骨太というか芯のあることをあえて避け、美しい印象を与えながらも野性味に溢れている、そんな矛盾を抱えた人物なんだな、とシーンを重ねるたびに感じていました。バイクで二人乗りをするシーンでは背中から感じる夏芽の幸福感とコウへの切ない思いを映した空気感とともに、大人の恋愛の領域を超えた、原作が持つ子供同士の純度の高い恋愛を表現できたかなと思います。

☆重岡大毅コメント

緊張感もありつつも楽しかった現場でした。
自分の持っているもの全部だせたかな、って思います。ここで学んだ経験をきっかけにもっともっと自分を出していけるんじゃないかなって思います。
大友を演じてみて、大友ってすごいなって。俺には絶対できないことをたくさんやっている。
でも、自分の中の小さい部分を頑張って大きくだしていくところは、自分と共通しているところかな。そこがちゃんと見せれていたらいいなっと思います。同世代の共演者と一緒に制服を着てお芝居すると「あ〜学生してるな」と楽しんでしまいました。
この作品は、こういうことしたな、もしくは、やりたかったな、がいっぱい詰まっている作品です。原作ファンの方やそうでない方も楽しんでもらえると嬉しいです。

☆上白石萌音コメント

現場には1週間しかいなかったけどそうとは思えないほど濃密な時間でした。
カナちゃんという役柄は、私にとって新境地でお芝居していた時も不安でしたけど、スタッフの皆さんに支えて頂いたり、共演者の皆さんも大好きな人たちでしたので幸せな時間を過ごしました。特に菜奈ちゃんとの出会いは大きくて、これからも影響を受けていく女優さんだと思いました。
この現場で学んだことを忘れずにこれからもがんばります。