画像

写真拡大

 米アウトブレインは、パブリッシャーが保有する各コンテンツの収益性をリアルタイムで把握し、収益性を高めると同時に読者の獲得が可能なコンテンツ・レコメンデーション・ソリューション「Outbrain オートマティックイールド」の提供を開始する。

 アウトブレインジャパンは、米アウトブレインがコンテンツのリアルタイムでの収益性を可視化する技術を有するRevee社を買収したことを発表した。これにより、アウトブレインは同社の技術を活用し、パブリッシャーが保有する各コンテンツの収益性をリアルタイムで把握し、収益性を高めると同時に読者の獲得が可能なコンテンツ・レコメンデーション・ソリューション「Outbrain オートマティックイールド」の提供を開始する。

 なお、米Time社がパブリッシャー・パートナーとして、Fortune、Entertainment Weekly、に同ソリューションを初期導入することが発表されている。また米国以外での導入拡大に向けた計画も推進されており、英国、イスラエル、フランス、その他の主要な市場においても、今後数週間以内に導入される予定。米国でのローンチに参加したその他のベータ・パートナーには、Fox社(Fox NewsとFox Business)、Rodale社がある。

MarkeZine編集部[著]