レーティング:インテル 3-1 パレルモ《セリエA》

写真拡大

▽インテルは6日、セリエA第28節でパレルモを本拠地ジュゼッペ・メアッツァに迎え、3-1で快勝した。インテルの長友は両サイドバックをこなし、フル出場している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽インテル採点

GK

30 カリッソ 5.5

負傷したハンダノビッチの代役として出場。81分に好守を見せた

DF

55 長友佑都 5.5

失点場面では自身のサイドを突かれるも、対人プレーでは負けず

25 ミランダ 6.0

安定感あるプレーで落ち着かせる

24 ムリージョ 6.0

難しい対応を迫られる局面は少なかった

33 ダンブロージオ 5.5

攻守に無難

MF

22 リャイッチ 6.5

ミドルシュートで先制点。ボックス付近でアクセントを付ける

(→ブロゾビッチ -)

7 メデル 6.0

ハードワークを続けた

(→メロ -)

8 パラシオ 6.5

鋭いクロスボールで追加点をアシスト。2列目で躍動

(→ビアビアニ -)

7 コンドグビア 6.0

メデルと共に泥臭い仕事をこなした

44 ペリシッチ 6.5

決定的な3点目を奪取。左サイドで起点に

FW

9 イカルディ 6.5

追加点を奪取。アシストも記録し、勝負強さを見せた

監督

マンチーニ 6.5

コッパの良い流れを引き継ぎ、良いパフォーマンスの試合を見せた

▽パレルモ採点

GK

70 ソレンティーノ 5.0

1失点目のリャイッチのミドルシュートは触って欲しかった

DF

2 ビティエッロ 5.0

ペリシッチの突破に苦慮

12 G・ゴンサレス 5.0

ソリッドさに欠ける守備で2失点目に関与

4 アンデルコビッチ 5.0

1失点目はリャイッチに付き切れず。パラシオのスピードに対応できなかった

MF

3 リスポーリ 5.5

ゴールシーンではスペースを突いて好クロスを供給

(→バログ -)

10 ヒリェマルク 5.0

1度良い飛び出しを見せたがそれだけ

25 マレスカ 5.0

自身の脇のスペースを自由に使われた

18 チョチェフ 5.0

1本好スルーパスを通したのみ

(→クアイソン 5.5)

1本好クロスからチャンス演出

97 ペッゼッラ 5.0

攻撃センスに乏しく、守備も効いていなかった

FW

11 ジラルディーノ 5.0

前線で全く起点になれず

(→ジュルジェビッチ 5.0)

81分のチャンスを決めきれず

20 フランコ・バスケス 6.0

バイタルエリアでボールを受けてパレルモ唯一の攻め手に。1点を返した

監督

イアキーニ 5.0

攻守ともに破綻していた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

リャイッチ(インテル)

▽2列目の3選手はいずれも素晴らしい働きを見せたが、先制ゴールをこじ開けたリャイッチを選出。

インテル 3-1 パレルモ

【インテル】

リャイッチ(前11)

イカルディ(前23)

ペリシッチ(後9)

【パレルモ】

フランコ・バスケス(前45)