レーティング:バレンシア 1-3 アトレティコ・マドリー《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽アトレティコ・マドリーは6日、敵地メスタージャで行われたリーガエスパニョーラ第28節でバレンシアと対戦し、3-1で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽バレンシア採点

GK

1 ジエゴ・アウベス 5.0

2失点は致し方なし。ビッグセーブもあったが、3失点目はどうにかできたはず

DF

2 カンセロ 5.5

序盤は押し込まれたが、粘り強く守って徐々に押し返した

5 ムスタフィ 5.0

相手2トップをなかなか捕まえ切れなかった

4 アデルラン・サントス 4.5

軽率なファウルで2枚目の警告を受けて退場。試合の流れを決定付けてしまった

6 シケイラ 6.0

古巣相手に気迫のこもったプレーを披露。よく決定機に絡んだ

MF

15 E・ペレス 5.0

攻守にアグレッシブさを欠いた

(→ダニーロ 5.5)

可もなく不可もない出来

18 ハビ・フエゴ 5.0

痛恨のボールロストで失点に関与。その後はミスを取り返そうと、奮闘した

(→ネグレド -)

21 アンドレ・ゴメス 5.0

テクニックの高さは窺えるが、やや仕掛けが淡白

FW

8 フェグリ 5.5

ロングスプリントで相手を剥がし、攻め手となった

9 アルカセル 6.0

良い形でボールが入る回数が少ない中、1アシストを記録するなど質の高いポストワークを披露

24 チェリシェフ 6.0

1ゴールを記録。質の高い動き出しでチャンスに絡んだ

(→ロドリゴ・モレノ 5.5)

今日が25歳の誕生日だったが、見せ場は訪れず

監督

G・ネビル 5.0

退場が試合結果に影響したことは間違いないが、采配面で遅れを取った

▽アトレティコ・マドリー採点

GK

13 オブラク 5.5

約1カ月ぶりに失点を許すも、それ以外の場面では流石の対応

DF

20 フアンフラン 6.0

数的優位を得るまで経験の少ないセンターバックをサポートするため、守備重視のプレーぶり

24 ホセ・ヒメネス 6.0

決勝点をアシスト。守備でもゴディン不在を埋めようと奔走

19 リュカ 5.5

ゴディンの代役に抜擢も穴を埋め切れなかった印象

3 フィリペ・ルイス 5.5

フェグリのスピードに苦戦も大崩れはせず

MF

6 コケ 6.5

攻守に気の利いたプレーが多かった

14 ガビ 6.0

味方をうまく動かしながら中盤をコントロール

8 クラネビッテル 5.5

移籍後リーグ初先発もややもの足りない出来

(→トーレス 6.5)

決勝点に加え、退場誘発と勝利に大きく貢献

17 サウール・ニゲス 6.0

攻守に良い距離感で味方をサポート

7 グリーズマン 7.0

先制点を記録。ビエットとの好連係から幾度もチャンスを創出

FW

23 ビエット 6.0

フィニッシュの精度だけ欠いたが、それ以外は出色のパフォーマンス

(→カラスコ 6.0)

負傷明けも躍動感のあるプレーで早速1ゴール

監督

シメオネ 7.0

システム変更に選手交代と見事な采配でメスタージャを攻略

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

グリーズマン(アトレティコ・マドリー)

▽3試合連続ゴールで完全復活。卓越した攻撃センスに加え、献身的な守備でもチームを助けるエースの仕事ぶりだった。

バレンシア 1-3 アトレティコ・マドリー

【バレンシア】

チェリシェフ(前28)

【アトレティコ・マドリー】

グリーズマン(前24)

トーレス(後27)

カラスコ(後40)