かねてから噂されていたアウディQ2がジュネーブモーターショーで世界初公開されました。

全長4.19mというコンパクトなボディサイズは、日本勢では日産ジュークとマツダCX-3の中間くらいのサイズで、アウディQ3(全長4400)よりも約200mm短く、プジョー2008やルノー・キャプチャーなどのBセグメントベースのSUVといえるサイズになっています。

若いユーザーをターゲットに据えたというアウディQ2は、あえて定石どおりのプロポーションとすることで、アウディの「Q」シリーズのなかでも独自のキャラクターを与えられているそう。

また、オーナーの好みに応じて、多くのディテールをカスタマイズすることが可能で、装備ラインも2種類用意され、内・外装に鮮やかなカラーが設定されているのも特徴。

シートポジションは、ステアリングホイールに対して低めのスポーティな設定とされています。アウディお馴染みの装備になりつつあるフルデジタルの「アウディバーチャルコックピット」とヘッドアップディスプレイもオプションで用意。

インフォテイメントシステムには、オンラインコンポーネントの「Audi connect」が搭載された「MMIナビゲーションプラス」などを用意されています。

安全装備では、「アウディプレセンスフロント」により歩行者やほかの車両との衝突回避が図られるほか、オプション設定されたスタート・ストップシステムおよび「トラフィックジャムアシスト」機能付きの「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」も設定されています。

アウディQ2のパワートレーンは、計6タイプのTFSI(ガソリン)もしくはTDI(ディーゼル)エンジンを搭載。パワーレンジは85kWから140kW(116〜190ps)で、すべてのエンジンに素早い変速が可能なDCT(デュアルクラッチトランスミッション)のSトロニックが組み合わされています。

Geneva Motor Show 2016

さらに、110kW(150ps)以上のモデルでは、「quattro(フルタイム4WD)」システムを搭載し、プログレッシブステアリング(累進的なギヤ比を採用する機構で、低速域や駐車時には少ない操作で取り回しが可能で、コーナーではクイックな設定になる)を標準化。

可変ダンパーと「アウディドライブセレクト」のシステムをオプション設定としたことで、非常に機敏なハンドリング性能を実現しているとのこと。なお、アウディQ2の販売は、ヨーロッパでは2016年秋からの開始予定となっています。

Audi Q2Audi Q2Geneva Motor Show 2016Audi Q2Geneva Motor Show 2016Audi Q2Audi Q2Audi Q2Audi Q2Geneva Motor Show 2016Audi Q2Audi Q2

(塚田勝弘)

新星アウディQ2登場。日本上陸すれば扱いやすいサイズでヒットの予感!(http://clicccar.com/2016/03/07/357994/)