6日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本と韓国で販売されているiPhoneだけにある機能」と題したスレッドが立ち、ネットユーザー間で物議を醸している。写真はiPhone。

写真拡大

2016年3月6日、日本でもiPhoneの人気は高いが、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本と韓国で販売されているiPhoneだけにある機能」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの間で物議を醸している。

その機能とは「カメラのシャッター音の強制活性化」だといい、スレッド主によると、世界で販売されているiPhoneは「無音モード」にするとシャッター音は鳴らないが、日本と韓国で販売されているものだけは必ずシャッター音が鳴るようになっているという。なお、アプリをダウンロードすれば無音で撮影することもできる。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「さすが兄弟」
「隠し撮りする人が多いから?」
「堂々と撮影すればよいこと。無音にしたいなんて、何か気にすることでもあるの?」

「自撮りで『カシャッ』ってシャッター音がしたら、周りの視線が集中して恥ずかしい」
「レストランで料理の写真を撮る時も、シャッター音のせいでパワーブロガーのように思われてしまう」

「スピーカーを手で押さえて撮ったらよい」
「米国のサイトから購入すれば?」

「カメラはともかく、画面のスクリーンショットのシャッター音は意味不明」
「アプリをダウンロードすれば無音モードにできるのに、標準搭載できない。なんだそりゃ」(翻訳・編集/松村)