5日、中国は2016〜20年までの第13次五カ年計画期間中に、高速鉄道8路線以上を新設する。写真は台湾の高速鉄道。

写真拡大

2016年3月5日、中国は2016〜20年までの第13次五カ年計画期間中に、高速鉄道8路線以上を新設する。法制晩報が伝えた。

全国人民代表大会(全人代)で5日発表された第13次五カ年計画案に、「北京−昆明」「北京−蘭州」などの路線に加えて「北京−香港(台北)」も含まれた。

高速鉄道の営業距離は3万キロに達し、大都市の80%以上をカバーすることになる。

報道によると、近々着工される「合肥−福州」旅客路線が、「北京−福州−台湾」路線の一部になるという。「合肥−福州」路線は適切な時期に「台海(台湾海峡)通道」の計画・建設を通じて台湾まで延長されることになると伝えられている。(翻訳・編集/柳川)