長谷部所属のフランクフルトがフェー監督を解任

写真拡大

▽日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、成績不振によりアルミン・フェー監督(55)を解任することを発表した。なお、後任は発表されていない。

▽現役時代はボルシアMGなどで活躍したフェー監督は、1990年に現役を引退すると同年に古巣のアウグスブルクで監督に就任。その後は、グロイター・フュルトやシュツットガルト、ヴォルフスブルク、ハンブルガーSVなどで監督を務めていた。

▽フランクフルトでは2011年に最初の指揮を執ると、チームを1部復帰へと導き、昇格1年目でヨーロッパリーグ出場権を獲得していた。その後、2014年まで指揮を執ると、2014年にシュツットガルトの監督に就任するも、成績不振で解任され、2015年6月にフランクフルトへ復帰していた。

▽今シーズンのフランクフルトは、ブンデスリーガ25試合を終えて5勝9分け11敗の勝ち点24で入れ替え戦圏内の16位に位置。ここ7試合は4分け3敗と白星から遠ざかっていた。

▽なお、自動降格となる17位のホッフェンハイムとは勝ち点差3、残留圏の15位ダルムシュタットとは勝ち点差1となっている。