▽6日に明治安田生命J2リーグ第2節の愛媛vs山形が行われ、1-1のドローに終わった。

▽開幕戦となったアウェイの清水戦をゴールレスドローで終えた愛媛がホーム開幕戦で、北九州に敗れた山形を迎えた。

▽試合は序盤から山形が攻勢に出る。新加入の大黒の裏を狙う動きを中心に攻撃を組み立てると、4分にはその大黒がファーストシュート。ここはGKの好セーブに阻まれるも、8分には再び大黒が今度はきっちりとネットを揺らして山形が先制した。ハーフタイムにかけては愛媛が主導権を握るも、ファイナルサードで山形を崩しきれずに前半を終えた。

▽後半の立ち上がりはゆったりとした入りとなるも、追いかける愛媛は52分に近藤を下げて阪野を投入。すると53分にはその阪野がボックス内からシュートを放つなど、愛媛が勢いを増していく。試合終盤の88分、右サイド深い位置まで攻め込んだ白井のクロスに阪野が頭で合わせるとこれがネットを揺して試合は終了。勝ち点を分け合う結果に終わった。

▽同時刻に行われた北九州vs山口は、0-1で山口が勝利した。

▽開幕2連勝を目指す北九州と、J2初勝利を目指す山口の“関門海峡ダービー”は、19分に岸田がGKの位置を見た絶妙なループシュートを沈めて山口が先制する。その後はお互いにチャンスを作り出すが、決めきれずに前半を終えた。

▽後半に入ると追いかける北九州が攻勢に出る展開となった。しかし71分に寺岡が2度目の警告で退場処分となる。それでも猛攻を仕掛ける北九州だったが、山口の集中したブロックを崩せずに試合は終了。山口がJ2初勝利を挙げた。

◆J2第2節

[15:00開催試合]

愛媛 1-1 山形

北九州 0-1 山口