この12枚の写真には「監視カメラに疑われる行動」が写っています

写真拡大

街を写した、一見何の変哲もない写真。しかしこのなかには、監視カメラが“逸脱している”と認識する行動が紛れ込んでいる。エスター・ホーヴァーの「False Positives」シリーズは、監視カメラが不審と判断する行動が、いかに日常的なものかを表している。

「この12枚の写真には「監視カメラに疑われる行動」が写っています」の写真・リンク付きの記事はこちら
2

2/20CASE 1:この画像であれば、正解がわかりやすい!?
“Overview B, Timeframe: 0 min 4”

3

3/20CASE 1:答えは「速すぎる動き」。

4

4/20CASE 2:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。
“Overview A, Timeframe: 05 min 33”

5

5/20CASE 2:正解は「持ち主不明のキャリーケース」。

6

6/20CASE 3:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(次の画像は、ヒント)。
“Overview J, Timeframe: 01 min 23”

7

7/20CASE 3:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。
“Overview F, Timeframe: 05 min 07”

8

8/20CASE 3:正解は「ちらちらと後ろを振り返っている」。

9

9/20CASE 4:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(次の画像は、ヒント)。
“Overview K, Timeframe: 04 min 18”

10

10/20CASE 4:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。
“Overview C, Timeframe: 04 min 26”

11

11/20CASE 4:正解は「じっと立ち止まっている」。

12

12/20CASE 5:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(次の画像は、ヒント)。
“Overview D, Timeframe: 04 min 35”

13

13/20CASE 5:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。“Overview H, Timeframe: 04 min 26”

14

14/20CASE 5:正解は「みんなと違う方向を向いている」。

15

15/20CASE 6:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。
“Overview G, Timeframe: 02 min 17”

16

16/20CASE 6:正解は「曲がり角に立っている」。

17

17/20CASE 7:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。
“Overview L, Timeframe: 06 min 09”

18

18/20CASE 7:正解は「動きがシンクロしている」。

19

19/20CASE 8:この写真には、監視カメラに疑われる行動が写っています(正解は次の画像にて)。
“Overview I, Timeframe: 02 min 13”

20

20/20CASE 8:正解は「集団がそれぞれ違う方向に動き始めた」。

急に走り出す。一カ所に長時間立っている。何度も後ろを振り返る。

誰もがたまにはこういった行動をとり、いつもはそれに対してとくに警戒することはない。しかしエスター・ホーヴァーによる「False Positives」シリーズが示すのは、これらの行動が凶悪犯罪の予兆として捉えうる、ということだ。

作品に写る人々は、いわゆるスマートカメラが「逸脱行動」(deviant behavior)と見なす行動を模倣している。高度に発達したソフトウェアとつながったスマートカメラは、誰かが人通りの多い道の角に箱やカバンを放置するのを探知し、関係当局にアラートを出せるのだ。

これは、プライヴァシーやセキュリティーにまつわる、あらゆる議論を引き起こす。そして、ホーヴァーはこの議論に貢献できればと考えている。

「このプロジェクトは、公共の場での『正常な行動』と『異常な行動』に対する疑問を投げかけるものです」とホーヴァーは言う。「その判断は、“スマートな”監視カメラが下すべきなのでしょうか?」

スマートな監視カメラは、リアルタイムで監視ヴィデオを分析する。多くの場合、画像認識ソフトは駅や空港といった公共の場に取り付けられたカメラを通じて機能し、正常な行動パターンを学習し『普通でないもの』を見分けて警告を発する。

これらスマートカメラの普及は進んでいる。ボストン、シカゴ、ワシントンDC、そしてアトランタの交通機関システムにも取り付けられており、警察はアムステルダムのスキポール空港やティルブルフ、アイントホーフェンのような都市でもテストしている。

カメラがとらえる「8つの怪しい行動」

このヴィデオ監視に、ホーヴァーは魅了された。そして2015年1月、彼女はスマートカメラについて、オランダでセキュリティの専門家たちにインタヴューを行った。

専門家たちは、よくある8つの要注意行動を挙げてくれた。

    あまりにも長時間、ウロウロと歩き回る移動が速すぎる角に立っている後ろを振り返る流れに逆らって歩いている何かを捨てている人の集団が急に散らばる複数人の動きがシンクロしている

その後5カ月以上にわたって、ホーヴァーはブリュッセルのビジネス街に立ち、こういった行動をとっている歩行者たちを写真に収めた。彼女は「Nikon D700」を三脚にのせ、道路に向かって2時間ほど撮影し、ときには道行く人に特定のポーズを取るようにお願いしたりもした。例えばジョギングスーツを着た男性に、階段のいちばん下の段でじっと立っているように。あるいは別の人に、走ってくるクルマに向かって横断歩道で立ち止まっているように。

それから彼女は、約20点の画像をPhotoshopで重ね合わせ、監視カメラが数秒〜数分でとらえるものを1枚の画像にした。

「異常」と「普通」のあいだ

それぞれの写真には、少なくともひとつ、逸脱行動の例が写っている。ホーヴァーは“容疑者”を、巧妙に群衆のなかに紛れ込ませ、作品を見た人が不審な箇所を見つけ出せるかを問うている。

例えば、スーツケースが道端に放置されているものは簡単な例だ。しかし、ほとんどのケースはかなり難易度が高い。そして、そこがポイントなのだ。

「印象的だったのは、逸脱行動とは、わたしたちが“普通”だと考えるものにとても近いということです」とホーヴァーは言う。

犯罪を起こす前の行動は、必ずしも怪しく見えるわけでもないし、すべての怪しい行動が犯罪につながるわけでもない。許容範囲にある行動が、知らないうちに調査対象になっているというのは、多くの人々にとって驚きだ。

皮肉なことに、ホーヴァーはプロジェクトに取り組んでいる間に、自分が描写しようとしているまさにその行動を、自分自身がとっていることに気がついた。あるとき、建物の前で数時間撮影を行ったあとで、彼女はその場を立ち退くように言われたのだ。「こうした場所で撮影を行うのは難しいのです。『こいつはテロリストかもしれない』と思われる可能性がありますから」

そんなホーヴァーは、インテリジェントカメラや個人の自由と公共の安全とのトレードオフについて、矛盾を感じているという。

「防犯とセキュリティーに対して、わたしは懐疑的であると同時に、その必要性も十分に理解しています」と彼女は言う。「(監視することが)間違っていると、声を大にして言いたくはありません。わたし自身、よりよい解決法を知っているわけではありませんから」

関連記事監視社会の奇妙なポートレイト

TAG

GalleryIoTPhotographRecommendSecurityWIRED US