教習所でクルマの交通ルールって一通り教わりますよね。ですが、実は教習所では教えてくれない運転時の「暗黙の了解」的なルールが存在しているんです。

知っておいて損はないので、気になるかたはぜひとも読んでみてください。

■お礼の意味を持つハザードランプ

混んでいる道に合流するとき、道を譲ってもらわないとなかなか合流できないときがありますよね。そんなときに譲ってもらえたクルマには、ついお礼を言いたくなるほど。

ですが、窓を開けて大きな声でお礼をするわけにもいかないので、感謝の意味としてハザードランプを点滅させます。

■前のクルマが急にハザードランプをつけたら

高速道路など、高い速度で走っているときに前方のクルマがハザードランプをつけたら、それは前方で渋滞や事故など、減速が必要な事態が起きていることを示します。

そのままの速度で走っていると、急に速度が落ちて急ブレーキが必要になったりしますので、注意して走りましょう。また、自分も後ろを走っている車に状況を伝えるために、ハザードランプをつけて注意を促してください。

■対向車からのパッシングの意味

対向車からのパッシングは、この先で検問や取締りをしているという意味があります。この場合は慎重に運転をするように心がけましょう。わざわざパッシングで教えてくれるなんてありがたいですよね。

■後続車からのパッシングの意味

後続車からのパッシングは「邪魔だからどいてくれ」「道を譲ってくれ」などという意味になります。あまりいい気分にはなりませんよね。煽りに使われる場合もあります。

流れに乗って走っているにもかかわらずパッシングされた場合は、関わると面倒なことになるかもしれないので、遭遇した場合は早めに道を譲ったりしたほうがいいかもしれません。

■天気が悪い日は昼間でもライトを点灯

大雨や霧で視界が悪い場合は昼間でもライトを点灯させます。これは周囲にクルマが走行しているのを伝えるためです。これがあるだけでも、周囲のドライバーなどがクルマの認識をしやすいので安心ができます。

教習所で教えてくれない(?)交通ルール、初心者の方だけでなく、クルマを運転して何年もたつ人でも「初めて知った」という人もなかにいるのでは?

(鈴木 唯)

教習所では習わない!? 知っておいて損はない運転時の交通ルール(http://clicccar.com/2016/03/06/354763/)