亡き息子と訪れていたスナックにも顔を出すように

写真拡大

 息子との語らい――それは俳優・草刈正雄(63才)にとって、特別な感慨を抱くものに違いない。現在NHK大河ドラマ『真田丸』で主人公・信繁の父である真田昌幸を演じ、その名演技が評判となっている。

 草刈の長男・雄士さん(享年23)は昨年2月14日夜、都内のマンションから転落して亡くなった。遺体の手には窓の脇にあるベランダの手すりの一部が握られており、7階にある草刈の個人事務所に滞在中、誤って窓辺から転落したとみられる。

「転落現場には血の跡が残っていました。2時間後に事故現場に駆けつけた草刈さんは、地面に突っ伏しながら“なんで死んだんだぁ!”と大声で泣き叫んでいたそうです」(スポーツ紙記者)

 密葬では、真っ赤なジャンパー姿で笑顔を見せる雄士さんの遺影の前で草刈と元モデルの夫人、長女でダンサーの紅蘭(28才)、次女で女優の草刈麻有(22才)が頭を垂れた。雄士さんは2008年にダウンタウン・浜田雅功の長男であるハマ・オカモトらとバンド「ズットズレテルズ」を結成してボーカルを担当した。バンド解散後は絵画などの制作活動を行っていた。

 息子とよく訪れたというカラオケスナックは草刈家の近所にある。草刈は月に何度も訪れる常連客で、雄士さんも幼い頃から父親に連れられ、大きくなってからは家族や友人らと通っていた。

 そんな草刈が再び店に姿を見せた。昨年、『真田丸』の撮影が始まってからだった。

「昨年12月頃でしょうか、草刈さんが“これから大河やりますんで、よろしくお願いします!”と大河のスタッフをずらっと連れてきました。草刈さんはカラオケも久しぶりに歌い、自分の歌である『センチメンタル・シティー』や『アローン・アゲイン』を熱唱しました。

 それからまた店に顔を出すようになった。草刈さんの十八番のカラオケ曲のなかに、雄士くんの出演した映像の入った曲があるんです。亡くなってから、まだこの曲を歌う草刈さんの姿は見ていません。けれど、このお店には音楽を愛していた雄士くんとの思い出があふれているんです」(常連客)

 自らの集大成とする役を得て、悲しみから立ち上がろうとする草刈。家族もまた、ひとつの区切りを迎えた。

「長女の紅蘭ちゃんはショックが大きく体調を崩すほどでした。彼女は傷心を癒すため、雄士くんが大好きだったニューヨークに行き、右足に雄士くんの顔と“大好きな弟、永遠に”という意味の文字の入れ墨を彫った。正雄さんは当初、“入れ墨は仕事の幅を狭める”と怒りましたが、最終的には姉の愛情表現を許しました」(前出・知人)

 草刈の個人事務所は雄士さんのホームページを立ち上げ、毎月14日の月命日に彼の遺した絵画をアップしている。四十九日には、雄士さんが組んでいたヒップホップグループ「KANDYTOWN」が亡き友に捧げる楽曲を発表した。

 その冒頭、メンバーが黙祷を捧げるなか、草刈のナレーションが流れる。

〈おれの愛する雄士。こんなことを言うのも変だよな。でも、パパが結構好きな4つの言葉があってさ。『ごめんな』というのと、『許してくれ』、『愛しているよ』、『ありがとう』〉

※女性セブン2016年3月17日号