▽6日に明治安田生命J2リーグ第2節の水戸vsC大阪が行われ、C大阪が1-0で勝利した。

▽アウェイでの開幕戦で京都と引き分けた水戸がホーム開幕戦を迎えた。対戦するC大阪は開幕戦でアウェイの町田戦に勝利しており、開幕2連勝を目指す。

▽試合はアウェイのC大阪がペースを掴むと、8分には柿谷とのパス交換からブルーノ・メネゲウがシュート。18分には柿谷がカットインからシュートを持ち込むなど積極性を見せた。対する水戸は、ボールを奪えば縦に早い展開に持ち込んでゴールを目指すが決定機を作れない。

▽前半アディショナルタイムには、水戸が圧力をかけてC大阪陣内に攻め込むも決めきれず。するとGKキム・ジンヒョンが前線にパントキックを送ると、ボールはバックラインの裏を取った柿谷も下へ。柿谷は独走してGKとの一対一を冷静に制してゴール。柿谷の復帰後初ゴールでC大阪が先制して試合を折り返した。

▽後半は追いかける水戸がロメロ・フランクを中心に攻撃を組み立てていく。しかし前半と同様にC大阪のブロックを崩しきれない。逆にC大阪は69分にビッグチャンスを迎える。右サイドを抜け出した関口のクロスをファーサイドの杉本がシュート。しかしボールはクロスバーを大きく越えてしまい、こちらも引き離せない。

▽攻めながらも決定機を作れない水戸とチャンスを作りながらも決めきれないC大阪の構図で試合は終盤を迎える。結局そのまま終了のホイッスルが吹かれ、C大阪が柿谷の復帰弾で開幕2連勝を飾った。

▽同時刻に行われた讃岐vs東京Vは、12分に永田のゴールでホームの讃岐が先制する。そのまま後半に突入すると、74分には仲間も追加点を奪う。試合終盤は東京Vがセットプレーからゴールを狙うも、アディショナルタイムに平本が1点を返すのみ。讃岐が開幕2連勝を飾った。

◆J2第2節

[13:00開催試合]

水戸 0-1 C大阪

讃岐 2-1 東京V