ソーラー駆動で質感高い頑強なアウトドアウオッチ

写真拡大

セイコーネクステージは、スポーツを楽しむことをコンセプトとしたオリジナルブランド「SOMA(ソーマ)」から、アウトドアウオッチ「RideONE SOLAR ALTI COMPASS」(ライドワン ソーラー アルチ コンパス)」(全4機種)を2016年3月11日に発売する。

ベゼル部分にダイバーウオッチや高級モデルに使用されるステンレス「SUS316L」を採用。耐食性を強化するとともに、グラスファイバーで強化された樹脂をメタルパーツで覆う構造で、頑強な構造になっている。6時位置にセンサーを配置し、バンド固定部分でセンサーを保持、ガードしている。

金属パーツを多用し、細部にこだわったデザイン。ラグには内部の樹脂パーツが透けて見えるデザインを施し、ハイブリッドな構造を表現している。

光を電気エネルギーに変えて駆動するソーラーモデルのため、フル充電を行えば約5ヶ月間時計を動かすことができ、長時間のアクティビティにも耐えられる仕様となっている。

ファッションマガジン「GO OUT」誌とコラボモデルを共同開発。タウンでもフィールドでもお洒落な、アーバンアウトドアスタイルにコーデしやすいカラーリングを取り入れている。

アドバイザリー契約しているプロロードレーサー新城幸也選手のリクエストを反映した数量限定のコラボモデルも用意。日の丸カラーをデザインし、新城選手の今期に抱える意気込みを表現。裏ぶたには、新城選手のサインと限定数500個を分母としたシリアルナンバーを刻印している。

希望小売価格(税別)は、レギュラーモデルが2万6000円、限定モデルが2万8000円。