「何気なく鏡を見たら目が充血していた!」という場合、あなたならどうしますか? 充血と一口に言いますが、実は原因は1つだけではありませんし、症状も原因により違っています。適切な処置がとれるように目の充血についての知識を持っておきましょう。

結膜充血と毛様充血

充血は白目の部分の血管が拡がって赤く見える症状です。充血は原因別に2つに分けられます。

【結膜充血】

いわゆる結膜炎を起こしている状態です。原因は、細菌・ウイルス・ごみ・花粉など。目が乾燥したり、眼精疲労、コンタクトレズを長時間使用したりしたときにも起こりやすいです。白目の外側のほうやまぶたを裏返したところが鮮やかな赤色となって充血していたら、結膜充血の可能性があります。目やにや涙が出ることもあります。目が疲れているときは、目を休ませましょう。疲れ目用の目薬が効果的です。アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎の場合は、抗菌・抗アレルギー作用がある目薬を使いましょう。ウイルス性結膜炎では、二次感染を防ぐために手洗いをしっかり行い人にうつらないような行動を心がけてください。

【毛様充血】

角膜炎、強膜炎、ブドウ膜炎など角膜や強膜、ブドウ膜(毛様体・虹彩・脈絡膜に隣接する組織の総称)の炎症が原因で起こります。角膜が特にひどく充血しますが、結膜充血のようにまぶたの裏側の充血はありません。涙が出ますが、目やには出ないのが特徴です。原因がさまざまなので、眼科の健診を受けてから目薬を使うようにするのが無難です。

充血とまちがえやすい結膜下出血

結膜下の毛細血管が壊れて出血するもので、充血ではありません。白目に濃い出血がありますが、痛みやかゆみはありません。飲酒、けが、打撲、激しい咳などが原因で起こりますが、自覚しないうちに出血をみることもあります。なかなか治らない場合は、早目にお医者さんに相談するようにしましょう。


writer:松尾真佐代