コーヒーに卵を入れちゃうの!? ベトナム風エッグコーヒーを作ってみたら…驚きの組み合わせがべっくらウマイッ! 簡単レシピをご紹介☆

写真拡大


ベトナムコーヒーといえば、たっぷりの練乳と濃いめのコーヒーが二層になった飲み物。かなり甘いんだけど、これがホットでもアイスでもおいしいんだな〜。

ところが先日「ベトナム風エッグコーヒー」とやらのレシピを発見。エッグ、つまり卵コーヒー。さすがに、その組み合わせはどうなの……? と思いつつ作ってみました。さてはて、そのお味は!?

【作ってみるよ〜主な材料は3つ】

用意するものは卵とコーヒーと練乳の3つだけ。思い立ったらすぐ作れます。もしあればバニラエッセンスも入れると風味が出ますが、なくても問題ありません。


まずは卵ソースから。卵は黄身だけを使います。卵黄+コンデンスミルク、あればここでバニラエッセンスを足して、ふんわりもったりするまで泡立てます。卵黄が明るい黄色になって、ふわふわもこもこしたらストップ!

【コーヒーは普通のドリップコーヒーでOK】

コーヒーとカップも準備しましょう。見た目にもきれいな二層を楽しめるので、耐熱のガラスカップがおすすめ。あらかじめ、熱湯をはった器などに入れて温めておきます。

続いてコーヒー。ベトナムコーヒーの場合、コンデンスミルクを入れたカップの上に小さなドリッパーをセットして、コーヒーが落ち切るのを待つ形式が一般的ですが。

このエッグコーヒーはコーヒーが下、卵が上という二層になるので、専用ドリッパーは必要ありません。普通のドリップコーヒーでも、なんならインスタントコーヒーでもOKです。少し濃いめに淹れてくださいね。

【簡単キレイに二層にできて、しかもオイシイ!】

いよいよ、コーヒーと卵をドッキングさせますよ〜! 温めたカップに、まずはコーヒーを半分くらい注ぎます。そしてその上から、泡立てた卵液を静かに流し込んでいくと……おお、フワフワだからコーヒーと混ざらない! 


難しいコツも何もいらず、きれいな二層に仕上がりました。コンデンスミルク+コーヒーだと失敗することもありますが、これは簡単。

しかし見た目はウツクシクできましたが、味の方はどうかしら……。おそるおそる飲んでみると、何コレウマッッ!
いやあもう、びっくり。すんごいおいしいんですよ。卵黄とコンデンスミルクの濃厚ソースは、まるでカスタードクリーム。しっかりと泡立ててあるので、なめらかな舌触りです。甘いですが、ベースのコーヒーの濃さがあるのでしつこくありません。これ、ラム酒を少し垂らしてもおいしいかもしんない。

意外な組み合わせでしたが、予想外にハイクオリティなデザートコーヒーに仕上がって、かなり驚きました。本当に簡単なので、おやすみの日の午後にでも、のんびり作って飲んでみてください。詳しい分量やレシピは、参照元の動画でご確認くださいね。ほっこり温かくて疲れがとろけていくような、あま〜い一杯ですよ♪

参照元: YouTube(MokaBees)
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

この記事の動画を見る