さくら×ストロベリー×コーヒー

写真拡大

スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは2016年2月16日、「スターバックス ディスカバリーズ さくらラテ WITH クラッシュストロベリー」を全国のコンビニエンスストアで春季限定発売した。

スタバの春限定フレーバーとしておなじみの「SAKURA」シリーズをコンビニでも展開。店舗で販売しているさくら系商品とは全く異なる味わいに賛否が上がっている。

スタバ店頭で売られているのとは全く別物

ほのかに香る桜の風味に、いちご果肉をカフェラテに加えた新感覚の商品。

スタバ店頭では、春季限定商品として「さくら ブロッサム & ストロベリー フラペチーノ」、「さくら ブロッサム & ストロベリー ラテ」が販売されているが、こちらはコーヒーではなく、「フラペチーノ」はさくらとストロベリーの風味を組み合わせたソースにチョコレートを混ぜ込んだもの、「ラテ」はほんのりさくらが香るミルクにストロベリーホイップクリームとチョコレートを重ねたものとなっていて、コンビニで展開しているものとは大きく異なっている。

ツイッターでは、飲んでみた人から

「いちごの果肉が入ってて美味しい!!!」
「スタバ店頭のはデザートなので、コーヒーを味わいたい人はコンビニのさくらラテが良いですね。クラッシュストロベリー入りで贅沢な一品」

など、高評価が寄せられる一方、

「桜の味がほのかに感じて美味しかったですが、果肉はいらなかったかも。吸いにくくて味をちゃんと楽しめない・・・」
「これもはやコーヒー分要らない気がする...苺入りサクラミルクでも良かったような」
「さくらというかいちごのほうが強いな」

と、コンビニ商品独自の果肉やコーヒーを使っていること、また「さくら感」に対する厳しい声も上がっている。

「ゲロ甘すぎて失敗した」

という感想もあり、大きく好き嫌いが分かれる味のようだ。

希望小売価格は230円(税別)。