《心理学者が解説》19歳が陥った心の闇 −女子予備校生刺殺事件−

写真拡大

2月末、19歳の少年が同じ予備校に通う同じく19歳の女子を刺殺した容疑で逮捕されました。少年が傷を負っているため詳しい事情は明らかになっていませんが、ナイフ2本と斧を使った犯行に深い殺意を感じさせます。被害者の傷は首から上に集中していたとされています。被害女性の苦痛と恐怖、そして人生を絶たれた悔しさを想うと背筋が凍ります。ご遺族の心中も察してあまりあります。心からご冥福をお祈りいたします。

執拗なまでの凄惨さ。裏にはいったい何が?


さて、事件の凄惨さは少年の執拗な殺意を感じさせます。社会の注目は「二人の間にいったい何があったのか」に集中するかもしれません。しかし、少年は「ばかにされたと思った」と犯行の重さと比べるとあまりに軽すぎる理由を述べているそうです。捜査の進展で新しい情報が浮上するかと思われますが、19歳の少年に深い心の闇を感じてしまいます。この心の闇はいったい何だったのでしょうか。

必ずしも少年の心の闇のすべてを説明できるかわかりませんが、実は思春期から青年期にかけては「思春期妄想症」と言われる状態があります。一般にはあまり知られていない言葉ですが、異常心理学の専門家の間ではよく知られた状態です。

ここで言う妄想とは主に「自分が悪意や非難の標的にされている」という被害的な妄想です。たとえば、あなたを批判的する人、バカにする人のことを考えたくないのに繰り返し考えてしまった経験はありませんか?今もどこかで自分をバカにしている、自分の悪評を振りまいている…と想像してしまったことはありませんか?そして、いつまでも悔しくて悲しくて泣きわめきたくなるような気持ちを引きずった体験はありませんか?

「思春期妄想症」にはどんな特徴がある?


誰でも嫌な人ほど頭の中に住むものですが、この状態に没入して歯止めがなくなるのが思春期妄想症です。ある調査では大学生の約9割が「見張られている」と感じる体験をし、大半が「人から変な目で見られるかもしれない」という対人恐怖(視線恐怖)を体験しているそうです。程度は人それぞれですが、思春期には人の目を意識して悶々としたり、劣等感にさいなまれたりすることは珍しいことではないのです。

多くの場合、思春期妄想症は一時的なものです。この時期は脳が成熟する過渡期なので、脳の発達がアンバランスになるのです。中でも「人の目を気にする」は他者と人間関係を築くための大切な脳機能なのですが、気にしすぎても生きづらいものです。まだ脳科学で完全に解明されたわけではありませんが、思春期妄想症では人の目を気にする機能のアクセルだけが突出して、一時的にブレーキが利かなくなるようです。

青年期ゆえの心の闇だった?


多くは社会経験という刺激を受けると脳の成熟も進んで落ち着いてきます。そして大人になると当時のことは忘れてしまう人が多いようです。覚えていても「あの頃は変なこと考えてたなあ…」と完全に過去のことになるようです。

ですが、思春期妄想症の真っただ中にいると「批判されてる」「バカにされてる」「なめられている」が「世界のすべて」のように感じられてしまいます。この世界から抜け出すには「自分を変える」か「環境を変える」、あるいは「世界のすべてを破壊する」しかありません。「世界のすべて」を本当に破壊することはできませんが、世界のすべてを象徴するような身近な対象に破壊の衝動が向かっても不思議ではありません。

このテーマは青年期を題材にした文学や映画などにもよく表れていて、何らかの破壊や破滅が描かれている作品は思春期の妄想的な世界からの脱出を象徴するものも多いのです。それだけ多くの人が陥る心の闇とも言えます。

二度とこのような事件を起こさないために


事件の真相は捜査の中で明らかになると思われますが、仮に被害女性が少年の心の闇に巻き込まれたとしたらこんな不幸はありません。女性本人もご遺族も悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

10代後半から20代前半は心の不調に陥りやすいことは厚労省が広く訴えている社会的リスクです。すでにほとんどの大学ではこの年代で陥りやすい心の闇への対策に取り組んでいます。予備校で対策が取られていたのか情報がありませんが、二度とこのような事件を起こさないためにも真相を究明して適切な対応を社会で考える必要があるでしょう。


sugiyama_prof

<執筆者プロフィール>
杉山 崇
神奈川大学人間科学部/大学院人間科学研究科教授。心理相談センター所長、教育支援センター副所長。臨床心理士、一級キャリアコンサルティング技能士、公益社団法人日本心理学会代議員。
公式サイトはこちら⇒ http://www.sugys-lab.com/