赤ちゃんの腰やおしりに存在する「蒙古斑」の正体とは

ざっくり言うと

  • 赤ちゃんの腰やおしりに存在する「蒙古斑」の正体を、医師に聞いている
  • メラニンを作る細胞は「真皮」という皮膚の深くで増殖して、表皮に移動する
  • 移動をせず、真皮にとどまってしまう細胞が蒙古斑の正体だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング