名前もクラブも一新した藤田さいき(撮影:ALBA)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント 3日目◇5日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,649ヤード ・パー72)>
 今季からクラブ契約をフリーとし、登録名も藤田幸希から“藤田さいき”に変更。心機一転し、開幕戦に望んでいる藤田が強風に加え時折雨も強く降ったタフなコンディションの中で唯一の60台“69”をマーク。多くの選手がスコアメイクに苦しむ中で3つ伸ばし11位タイからトータル3アンダーで5位タイに浮上した。
藤田さいきの特選PHOTOは写真館で!
 名前は幸希が「“さいき”と読めない人が多くて。“こうき”ちゃんとか」とプロアマ戦などでも名前が読めない人がおり、登録名の変更に踏み切ったという。また、今季からクラブ契約もフリーに。ドライバーはテーラーメイド、ウッドはオノフ、ユーティリティはキャロウェイ、ウェッジは同じくクラブ契約がフリーの福田裕子から紹介されたラズルタズル、パターはオデッセイとメーカーはバラバラに。パター以外は今年から使い始め、福田らのアドバイスと自分で評判のいいクラブを選び、打ってみて「直感で選んだ」14本だという。
 これまではクラブにも細かいこだわりがあったそうだが、今季からは「あまり細かいことをこだわらりすぎないように」しているという。クラブ選びもそうだが、プレー中もロープ外のことは「怒ってもどうしょうもないので」、気にすることなくラウンド。昨年に三十路を向かえ、精神的におおらかになったという。そして、オフは沖縄県の宮古島で合宿を張り「10日間で風が強かった日が8日」と強風の中でのラウンドに慣れていたことも好材料だった。
 明日は5年ぶりに「優勝をしたい気持ちはある」が、「神経質にならずにいきたい」とのこと。クラブは徐々に馴染み、メンタル面もいい状態でプレーできている。この日は10メートルを超える長いパットが2回入るなどツキにも恵まれた。首位とは3打差、この日のように悪天候の中でも悠然とプレー出来れば、勝機はある
<ゴルフ情報ALBA.Net>