ヒロミ

写真拡大

4日深夜放送の「何を隠そう、それが…!」(フジテレビ系)でヒロミが、自身の父親が、ダウンタウン・浜田雅功の父親と同級生だと明かした。

番組は、ゲストがある有名人のエピソードを語り、話の結末で「何を隠そう、それが…!」の後に人物名を明かすことになっていた。

ゲスト出演したヒロミは、鹿児島県出身だという自身の父親について語りはじめる。父親が中学校を卒業したころ、鹿児島の若者は「東京に出るか、大阪に出るか」というふた通りのパターンがあったという。結局、ヒロミの父は東京に出て、大工になったのだとか。

そして、ヒロミの父親は、40年か50年ぶりに鹿児島で開かれた同窓会に行ったそうだ。その席では、息子が芸人であることについて話したという。

すると、友人の中に「あっ!実は俺の息子…」と話す同級生がいたらしい。ここで「何を隠そう、それが…!」とアナウンスが流れた後、ヒロミはその人物を「それがダウンタウンの浜ちゃんです」と明かしたのだ。

スタジオは、ヒロミと浜田の意外な接点にどよめき、ヒロミは、父親同士が同郷で、同級生だったことを補足説明した。

エピソードを話し終えたヒロミは「まあ(息子同士が)芸能界に入ってたってのも珍しいけど、お笑いで、ふたりとも強めのツッコミって、あるそれ!?」「 なかなかないでしょ!」と話をまとめて、共演者たちの笑いを誘っていた。

【関連記事】
妻夫木聡のマナー違反にほんこんが説教した過去「社会人としてどうやねん」
浜田雅功、ベッキー、矢口真里を一括り 出演者から「悪意がある」とツッコミ
陣内智則が浜田雅功の「老い」を指摘 花火と間違えてクラッカーを買い込む