米カリフォルニア州ハリウッドで、「スター・ウォーズ」シリーズのファン同士の結婚式に参列したR2-D2(2015年12月17日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のドロイド、R2-D2を製作した英国人のトニー・ダイソン(Tony Dyson)氏が、マルタ・ゴゾ(Gozo)島の自宅で死亡しているのが確認された。68歳だった。警察当局が4日、明らかにした。

 ダイソン氏の近隣住民は3日、同氏の自宅アパートのドアが開いたままになっているとして、通報したという。警察は死因を調べているが、事件性はないと判断したと述べている。

 ダイソン氏は『スーパーマン II/冒険篇(Superman II)』や『007 ムーンレイカー(Moonraker)』などの映画の制作にも参加し、1990年初頭からマルタに住んでいた。
【翻訳編集】AFPBB News