ウズベキスタン遠征中のU-16日本代表は5日、『中央アジア・日本U-16サッカー交流大会』の最終戦となる地元U-16ウズベキスタン代表戦で2-0の完封勝利をおさめ、本大会初優勝を果たした。

 日本は後半13分にMF久保建英がポスト直撃のシュートを放つなど主導権を握りながらも得点を挙げられないでいた。それでも優勝へ意気込む日本は同29分に均衡を破る。DF菅原由勢がMF平川怜とのパス交換から豪快に放ったシュートが左隅に決まり、先制に成功した。

 さらに日本は後半38分、平川のロングパスで裏へ抜け出したFW山田寛人がGKとの1対1を制し、2-0。最後まで集中力を切らなかった日本が昨年度3位だった本大会の雪辱を晴らした。

 以下、試合詳細

<得点者>

[日]菅原由勢(74分)、山田寛人(83分)

<出場メンバー>

GK 青木心

DF 狩野奏人

DF 菅原由勢

DF 小林友希

DF 桑原海人

(87分→DF 監物拓歩)

MF 福岡慎平

MF 平川怜

(84分→MF 鈴木冬一)

MF 中村敬斗

(62分→MF 上月壮一郎)

MF 久保建英

(85分→MF 粟野健翔)

MF 瀬古歩夢

FW 宮代大聖

(76分→FW 山田寛人)

控え

GK 谷晃生

GK 大内一生

MF 瀬畠義成