5日、中国の李克強首相は、同日の第12期全人代の開幕に際して行った政府活動報告で、2016年のGDP成長率の目標を6.5〜7%とすると発表した。写真は人民大会堂。

写真拡大

2016年3月5日、中国の李克強(リー・カーチアン)首相は、同日の第12期全人代(全国人民代表大会)の開幕に際して行った政府活動報告で、2016年のGDP(国内総生産)成長率の目標を6.5〜7%とすると発表した。

【その他の写真】

2016〜20年の「第13次5カ年計画」の草案では、今後5年間について経済成長率の目標は年平均6.5%以上と設定された。第12次5か年計画(2011〜15年)では目標成長率を7%に設定していたが、2015年(6.9%)は届かなかったことで、目標値を引き下げた形となった。

草案ではまた、2020年までにGDPと国民一人当たりの所得を2010年比で倍増させるとしている。2016年の主要な目標には、物価上昇率を3%前後とすること、新規就業者数を1000万人以上増やすこと、失業率を4.5%以内とすること、国際収支のバランスをとること、引き続き汚染物質の排出を削減することなどが掲げられた。(翻訳・編集/北田)