【試合後会見】佐々木監督、大会後の去就は「みなさんに検討してもらう」《リオ五輪アジア最終予選》

写真拡大

なでしこジャパンは、2日にキンチョウスタジアムで行われたリオ五輪アジア最終予選第3戦の中国女子代表戦に臨み、1-2で敗れた。佐々木監督は残り「2試合でなでしこらしさを見せて戦いたい」とコメント。一方で自身の去就については「みなさんに検討してもらう」と語った。

佐々木則夫監督は試合後、「選手たちよりも自分が一番反省しなければいけない」と語った。

◆佐々木則夫監督 (なでしこジャパン)

「残り2試合ありますし、日本で開催されていることを考えると最後まで気を引き締めて、選手と共に臨みたいと思っています」

――センターバックを入れ替えた理由と点が取れなかった要因は

「田中選手を起用したのは、ボールを動かす能力があるから選択しました」

「点が取れないのは今日だけでなく、最近の試合で複数点が取れていません。運、不運もありますが、この数試合だけでなくオランダへの遠征、カナダでのワールドカップでも点が取れていません。課題として取り組んできた中で、結果として出ていない。深い課題だと思っています。今後のなでしこの将来を考えた時に大きなポイントになると思います」

「応援をしていただいていますし、残りの2戦は何が何でも、結果が出るかはわかりませんが、最後まで走りきるなでしこの戦いを見せたいと思っています」

――リオが遠のいた現状を踏まえ、日本のサッカー界が取り組むべきことは、また大会後の去就は

「何をしなければいけないか、細かな部分はこれから見つめなおさなければいけません。今まで世界で勝てなかったなでしこが、主要3大会でファイナルを戦えたことは事実です。その時の状況、世界やアジアの状況、成長がありました。その感触を感じながらカナダも今大会も臨みました。結果が出ずに、可能性が限りなくなくなってしまった中で、これを継承していかなければいけないと思います」

「次の大会を目指して、指導者として僕がいるかどうかはみなさんに検討してもらうことになります」

――準備して臨んだ今日の試合だったと思うが、歯車が狂った要因は

「今日は勝とうという意欲があり、中1日の中で準備してきました。ミーティングの中でもトレーニングの中でもイメージを作っていました。選手、スタッフが一体となって、できる限りのことをやっての結果でした」

「どこが要因とかではなく、中国の選手ひとりひとりのプレーの質がこちらよりも上だったために結果がでなかったと。シュートが入ればなどの“たら"、“れば"はありますが、全てを反省点として次のなでしこのために。今日のバックパスがどうこうではなく、相対的に中国が我々よりも一歩リードしていたことを認識して、次につなげなければいけません」

「まだ2試合残っていて、どうなるかもわかりませんので、次の試合に向けて精一杯準備して戦うだけです。今日だけではありませんが、僕は監督の立場であり、結果を残せなかったことは本当に申し訳ないと思っています」

――予選に向かう準備段階で何か足りないものがあったか

「それは最終的に結果が出た中で、総括する際にお答えします」

――試合後にゴール裏のサポーターに何か声をかけていたが

「熱いサポーターの皆さんがいて大会が盛り上がっています。我々の後押しをしてくれているので一言いいました。熱い応援に感謝していますし、それに結果で報いることができなかったのは僕のせいです。選手たちは手を抜いてプレーしているわけではありません。3大会でファイナルを戦いました」

「ただ、こういう結果が出た中で、いきなり女子サッカーの未来が消えるわけではありません。もっと支えてほしいと。今後も前を向いてやっていかなければいけないというお話をしました。分かってもらえたような気はしています」