「Mobile World Congress 2016」で見つけた、注目のモバイルテクノロジー14選

写真拡大

2月22〜25日にわたってスペイン・バルセロナで開催された、世界最大規模のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2016」。最新のスマホから、ロボット、歯ブラシまで、この展示会で見つけた注目すべき14の製品を紹介。

「「Mobile World Congress 2016」で見つけた、注目のモバイルテクノロジー14選」の写真・リンク付きの記事はこちら
2

2/14LGの新しいフラグシップモデル「G5」は、多数のオプションを備えている。電話の下の部分を丸ごと取り外し、別のモジュールに置き換えられるのだ。ローンチ時点で利用可能なモジュールは2つ。ひとつは、オーディオ機能を向上させるための「Hi-Fi Plus」(これはLGがB&Oと共同開発したものだ)。もうひとつは、写真撮影に適したグリップ型で、シャッターの物理ボタンやズームボタン、そして1200mAh(アンペア時)の追加バッテリーを搭載した「Cam Plus」だ。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

3

3/14「Meizu PRO 5」は、「Ubuntu Linux」という、モバイルとしてはユニークなソフトウェアを搭載している。1.5GHzの8コアプロセッサと4GBのRAMのおかげで、同機は史上最もパワフルなLinux携帯となった。しかし重要な機能がひとつ欠けている。UbuntuのPCアプリケーションが利用できるものの、まだ外部ディスプレイに接続することができないのだ。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

4

4/14Kickstarterでローンチされ、製品化された「Nextbit Robin」(399ドル)は、使っていないが消したくもないアプリや写真を、クラウドに保存する。それらはすべて、携帯がWi-Fiと電源に接続されているときに同期される。ストレージ容量は、電話本体で32GB。そこにプラスして、オンラインに100GB。容量が不足し始めると、コンテンツはクラウドに移動され、本体の容量に空きをつくる。写真は画面解像度で携帯に保存され、より大きなフル解像度の画像がクラウドに保存される。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

関連記事無限の容量を備えた「次のスマホ」、Nextbit社「Robin」の挑戦

5

5/142002年に設立されたGioneeは、次に有名になる中国ブランドだ。彼らの新しいフラグシップモデル「S8」は、見た目もよく、非常に薄い。5.5インチのAMOLEDスクリーンには、独自の3Dタッチテクノロジーが使われており、iPhone 6sやいくつかのAndroid携帯のように、アプリアイコンへのショートカットを提供してくれる。この機種の主なアピールポイントはカメラにある。8メガピクセルのフロントカメラには「美人撮影モード」があり、16メガピクセルのメインカメラの応答時間は驚くほど短く、レーザーオートフォーカス、さまざまなカメラモードとヴィデオモードを取り揃えている。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

6

6/14今年のサムスンの「Galaxy」は、幻想的な曲面ガラスの背面を除けば、その見た目は昨年のフラグシップモデルと非常によく似ている。「Galaxy S7」の新しいカメラセンサーは、暗所でのパフォーマンスが大幅に改良され (f/1.7になった)、超高速なオートフォーカスシステムも搭載している。また、S7にはmicroSDスロットや防水機能など、S6には採用されなかったS5の重要な機能がいくつか復活している。嬉しいかい?
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

7

7/14「Galaxy S7 Edge」とその兄弟分「Galaxy S7」の違いは、5.5インチのメインスクリーンのカーブした側にある、細長いディスプレイの部分にある。このスクリーンにはいくつか新しいものを置くことができる。これまでのように連絡先やアプリのお気に入り10件をリンクすることもできるが、今度はブラウザのブックマークを見たり、新しい予定を作成したり、チャットに直接移行できるといった特別な機能にアクセスできるようにもなっている。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

8

8/14わたしが特に欲しいスマホアクセサリーのひとつが、ポータプルプロジェクターだ。どこにでも持ち運べるほど小さく、壁に投影して映画を楽しめるくらい明るいものである。しかしもっといいのは、ソースから直接ヴィデオを投影できるプロジェクター内臓スマートフォンだ。タブレットやデスクトップPCにプロジェクターが組み込まれているというのは、いま一般的になってきたが、スマホに搭載されたのは久しぶりである。バルセロナではAkyumenが、Windows 10搭載の10インチタブレット「Falcon」や、7インチのファブレット「Holophone」、そして5.5インチのアンドロイドフォン「Hawk」など、プロジェクター内蔵のさまざまな製品を展示していた。専用ボタンを押せば、画像を40lm(ルーメン:明るさの単位)で100インチの大きさまで投影することができるのだ。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

9

9/14Mobile World Congressで見つけたアクセサリーのなかでも、特に大ヒットだったのが、このインタラクティヴなおかしなおもちゃだ。この小さなロボット「BQ Zowi」は、初めから踊ったり歩いたり、箱から飛び出す障害物を避けたりといったことができるし、タッチや音にも反応する。Bluetooth経由でスマートフォンと接続すれば、新しい動きや表情をプログラムすることも可能だ。背面にあるmicro-USBポートから、BQのBitbloqソフトウェアを利用してハックしよう。ロボットを分解し、3Dプリントされたパーツを使ってカスタマイズする、なんてこともできる。ロボティクスへの入り口としては、子どもにとっても大人にとっても素晴らしい方法だ。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

10

10/14建設機器メーカーのCatは、油や水、偶発的な転倒など、ありとあらゆるものに耐えうる頑丈な携帯電話を取り揃えている。建設現場や採石場で働く人たちは、こういったものが大好きだ。そういった場所でほかに便利なツールがあるとすれば、それは何だろうか? サーマルカメラだ。CatはFLIR社と協力し、そのサーマルイメージング技術を彼らの新しいフラグシップモデル「S60」に組み込んだ。これを使って、窓やドア周辺の寒さのもとを検出しよう。プレデター風のクールな写真を撮るのもいいだろう。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

11

11/14LG初のVRヴューワーは、「Google Cardboard」をより丈夫にして、改良したヴァージョンだ。実際に、グーグルのヘッドセット向けに作成されたものをすべて観ることができる。このデヴァイスを動作させるためには、まだLGのスマートフォンが必要だが、ディスプレイに顔を埋める必要はなくなる。USB-Cケーブルを使って接続するだけでよいのだ。携帯電話を鼻の上にのせなくても済むと、何がよいのか? それは「LG 360 VR」ヘッドセットがほかの製品よりも軽くなり、100g弱の重さしかないことである。では欠点は何か? あまりに小さく、外部から漏れ混む光を完全に遮蔽することができないため、ほかに比べてやや没入感が損なわれることだ。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

12

12/14LGのクレイジーなホームロボットは、単なるおもちゃではなく、単なる新しいセキュリティーカメラでもない。そしてこれは、当然リモコン式だ。「Rolling Bot」をLG「G5」に接続すれば、ハンドセットでボールを操縦しながら、ヴィデオフィードを携帯電話のスクリーンにストリーミング配信することができる。Rolling Botは写真やヴィデオを撮影することができ、内蔵マイクとスピーカーを通じて会話し、来客を驚かすこともできる。赤外線センサーと発信器は、テレビやHVACユニット、オーディオプレーヤーといった赤外線リモコン機器をコントロールすることができる。猫が嫌いなレーザーポインターも搭載している。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

13

13/14最新のネット接続型歯ブラシは、加速度計とジャイロスコープを内蔵し、スマートフォンを使って上手な歯磨きのお手伝いをしてくれる。名前は「Oral-B Genius」だ。携帯電話を浴室の鏡に取り付けて(吸着式のマウントが付いてくる)、顔をフロントカメラに合わせる。Oral-Bのアプリは、カメラからのデータと歯ブラシからのデータをマージし、歯ブラシの位置や動きを追跡する。すると、磨きが不十分なゾーンをハイライトして示してくれるのである。APIとSDKによって、開発者はネット接続アプリの完全なエコシステムを構築することができる。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

14

14/14ヴィデオ監視がモバイルになった。パナソニックの監視カメラ「Nubo」は、Wi-Fi接続できるだけでなく、4G回線接続も搭載している。このデヴァイスは全天候型なので、屋外に置きっぱなしにすることもできる。内部バッテリーはなく、ただ電源につなぐだけでいい。Nuboには双方向音声コミュニケーションのためのスピーカーとマイクが搭載されており、画像やヴィデオを保存するためのmicroSDスロットもある。サーヴィスプランはフリーミアムモデルだ。アップグレードすることで、遠隔ストリーミング、高品質ヴィデオ、より多くのクラウドストレージが利用できるようになる。
PHOTOGRAPH BY MAURIZIO PESCE/WIRED

スペイン・バルセロナ、「Mobile World Congress 2015」[編註:今年は2016年2月22〜25日に開催された]には、真の興奮が漂っていた。ここは、数カ月後に市場に溢れることになるであろう携帯電話をお披露目するべく、業界の担い手たちが一挙に集う場だ。

今年は携帯電話メーカーが、インターネットサーヴィス企業や自律走行車、いくつものスタートアップ企業といった新参者にショーフロアの一部が明け渡されたものの、それでもまだ、注目を集めていたのはモバイルテクノロジーの製造メーカーであった。

ますます進化するチップセットのおかげで、スマートフォンの多くは何でもできてしまうほどパワフルになり、高速なチップセットが搭載されていることは、もはや大きく差別化できる特徴ではなくなった。

そこで製造メーカーは、パワーの代わりに新しい機器構成のアイデアやユニークなソフトウェア、ゴージャスな素材、顧客の目を引く急進的なデザインといったものに注力するようになったのである。冒頭のギャラリーで紹介するのは、新しいテクノロジー、VRカメラ、そしてひときわ目立っていたフラグシップモデルの数々だ。

TAG

GadgetGalleryPhotographSmartphoneWIRED US