安藤サクラ

写真拡大 (全10枚)

第39回日本アカデミー賞授賞式が4日、都内で行われ、安藤サクラが最優秀助演女優賞を受賞した。

安藤は、映画『百円の恋』(武正晴監督)に出演。職にも就かず、実家で暮らす独身女という役柄で、そんな自堕落な女性が激しいボクサーへと変貌していく姿を演じた。

トロフィーを受け取って「驚いています。ビックリし過ぎて心臓がじわじわ出てきそう」と今の心境を表した。

最優秀賞を獲得するまで、票を集めた安藤。「この映画は、数館の上映から口コミで見て下さる人が増えていった。そんなエネルギーがつながって、ここまで来れた」と周りに認めてもらった喜びを語った。

▼ 安藤サクラ







最優秀主演女優賞は、綾瀬はるか(作品名:海街diary)、有村架純(映画 ビリギャル)、安藤サクラ(百円の恋)、樹木希林(あん)、吉永小百合(母と暮せば)の5名で争ってた。

▼ 綾瀬はるか(作品名:海街diary)



▼ 有村架純(映画 ビリギャル)



▼ 樹木希林(あん)



▼ 吉永小百合(母と暮せば)



■関連リンク
日本アカデミー賞 授賞式 - 公式サイト