「オギノ式避妊法」を考案した荻野久作(写真はWikipediaより)

写真拡大

 避妊に対する伝統的なカトリックの考え方は、あらゆる人工的な方法を使うことは罪だというものだ。だが、教皇フランシスコは2月18日、蚊が媒介する「ジカ熱」が流行している地域では、避妊は正当化されるとコメントした。

 流行地では、新生児に発達障害が必発である小頭症が異常に多発しているからだ。

 教皇はこれまで、たとえジカウィルスに感染していたとしても、妊娠中絶は「絶対的に悪」で選択肢に上るべきではないとの姿勢を崩していなかったという。ところが実は、すでにローマ法王庁が唯一認めた避妊法がある。

 「オギノ式避妊法」で広く知られている、荻野久作(おぎのきゅうさく、1882〜1975年)だ。愛知県豊橋市生まれの産婦人科医である。

 1912年、新潟市の竹山病院産婦人科に赴任した荻野は、不妊や多産で苦しむ農村女性の過酷な状況を目のあたりにした。不妊に悩む女性は、嫁として子を産めないことを責められ、多産を強いられて命を落とすケースも後を絶たなかった。

 「ヒトはいつ受胎するのか?」は、荻野にとって重要なテーマとなった。設備も資金もない中、荻野は患者さんから地道に聞き取りを重ねることで膨大なデータを収集し、排卵時期の特定に至った。

 子宮粘膜の増殖期は個人によって異なるが、黄体期は一定していると主張し、「排卵は次の月経第1日から逆算して14日プラスマイナス2日にある」とする荻野学説を唱えた(1924年)。

 実際、患者さんやトメ夫人にも協力してもらい、予定月経開始日から逆算した2週間前に最も受胎しやすいことを「実験」で確かめている。次男の故・荻野博氏(後に医師)は、こうして誕生した。

オギノ式は避妊法の研究ではない!

 しかし、例によって、一開業医の実績は日本の学会では認められなかった。ドイツ留学中(1930年)にドイツ語で発表した論文を読んだオーストリアのHermann Knaus(ヘルマン・クナウス)教授が、荻野学説を逆転させて避妊法に利用することを提唱した。だが、皮肉なことに荻野は、自身の学説を安易な避妊法として使うことに大いに反対していた。

 「避妊に失敗して、人工流産の道を選ぶ心ない男女が多いことを一体どう考えたらいいのだろうか。どうしても言っておきたいことがある。それは世の男性諸君がもっと真剣に深刻に子どもとは何であるかを考えるようになってほしいということである」

 「かつて私は荻野学説を発表した。しかし、それは、命を守るために生み出した学説であって、決して避妊法の研究ではなかった」(「オギノ式乱用者に告ぐ」『文藝春秋』1964年2月号)。
ローマ法王庁が唯一認めた「オギノ式」

 一方、避妊の許されないカトリック社会では、自然に逆らわない「オギノ式避妊法」がもてはやされた。ローマ教皇ピオ11世は、1930年12月の回勅でこう述べた。

 「一時的な事情あるいはある種の肉体的危険による自然的な理由のために、新しい生命の出産ができない場合、夫婦が健全な自然的理性に従って、その権利を行使したとしても、それを自然に反する行為として非難してはならない」

 これは、教皇が荻野学説を容認したと解釈された。言い換えれば、「オギノ式」は堕胎や人工的な避妊を自然にそむくものとして厳しく禁じてきたローマ法王庁が認めた唯一の避妊法となった。『法王庁の避妊法』(篠田達明著、文藝春秋、1991年)を読んでみよう。

 以下は、法王庁が認める自然にかなった「家族計画」のヨーロッパ人体験者の言である。

自宅前の市道は「オギノ通り」、自宅跡地は「オギノ公園」に

 「人工避妊から定期的禁欲に切り替えたとき、私たちの結婚生活という暖炉の煙突に詰まっていたススが、いきなり取り除かれたような気がしました」

 「私はいろいろなピルを試しました。結果は、吐き気、偏頭痛、いらだち、不満でした。そして、自分が主人から利用されるだけのおもちゃ、彼の性欲を満たすための一つのものでしかなかった、という感じがしていました。でも、この自然な避妊法に切り替えたとき、私たちの結婚生活は突然よくなりました。以前のさまざまな問題はすべて私たちの産児制限に関係があったと感じました」

 荻野は、子宮頸がんの手術術式として「荻野変法」という根治率の高い方法を普及させた業績も残している。晩年に至るまで、新潟の地で診療・手術にたゆまず従事し、新潟市名誉市民に選ばれている。

 1975年3月、新潟大学キャンパスのすぐ下にある自宅前の市道が「オギノ通り」と命名された。自宅のあった場所は現在、「オギノ公園」になっている。


堤寛(つつみ・ゆたか)
藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。