<WGC-キャデラック選手権 2日目◇4日◇トランプナショナル・ドラール(7,543ヤード・パー72)>
 フロリダ州にあるトランプナショナルドラールを舞台に開催されている世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-キャデラック選手権」2日目。2アンダーからスタートした松山英樹は大乱調。ダブルボギーを4つ叩くなどトータル7オーバーまでスコアを落とした。
【関連】優勝の瞬間も!松山英樹の今季を写真で振り返る
 出だしからつまずいた。2番でバンカーに2度入れるなど5オン1パットでダボを叩くと、次の3番でも2打目を池に入れてダブルボギー。さらにバーディとボギーを1つずつ重ねて迎えた9番パー3ではティショットは池へ。フロントナインでスコアを6つ落とすと、折り返しての10番で3パットのダボ。その後もリカバリーできず、現時点で60位まで順位を落としている。
 もう1人の日本勢・宮里優作は2バーディ・3ボギーの“73”。スコアを1つ落としトータル5オーバーで現時点で57位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>