崖っぷちなでしこ…次節は試合前にリオ五輪出場権消滅の可能性

写真拡大

[3.4 リオ五輪女子アジア最終予選 日本1-2中国 金鳥スタ]

 日本女子代表(なでしこジャパン)は4日、リオデジャネイロ五輪アジア最終予選の第3戦で中国女子代表と対戦し、1-2で敗れた。3試合を終えて勝ち点1のなでしこの4大会連続の五輪出場は絶望的となった。

 数字上はわずかながら可能性が残っている。ただなでしこは、韓国を下し3連勝のオーストラリアを抜くことは不可能となり、リオ五輪出場のためには残り1枠を獲得するしかなくなった。そしてその道は相当けわしい。勝ち点を7に伸ばした2位・中国との差は「6」。なでしこが2連勝して、中国が連敗、北朝鮮が未勝利、さらに韓国が最終戦でベトナムに引き分け以下に終わること、その上で中国を得失点で上回ることが条件となってくる。

 それはそれ以外のパターンになった瞬間になでしこ五輪出場権が消滅することを意味している。次節、7日に行う第4節では、なでしこは19時35分キックオフの試合でベトナムと対戦するが、同日16時35分開始の試合で中国が韓国相手に引き分け以上の結果を残した瞬間に、なでしこの五輪連続出場の歴史は途絶えることになる。5試合中残り2試合が消化試合になるなど、誰が予想できただろうか。


●リオ五輪女子アジア最終予選特設ページ