4日、金に困った女性芸能人を買春相手として国内外の富豪に紹介していた韓国の芸能事務所代表らが警察に逮捕された。女性の中には韓国で誰もが知るタレントも含まれているといい、ネットユーザーの間で物議を醸している。資料写真。

写真拡大

2016年3月4日、韓国・聯合ニュースなどによると、金に困った女性芸能人を買春相手として国内外の富豪に紹介し、金を受け取っていた韓国の芸能事務所代表らが警察に逮捕された。売春を行っていた芸能人の中には、韓国のテレビにも出演し誰もが知る有名タレントも含まれているという。

ソウル地方警察庁国際犯罪捜査隊は4日、売買春あっせんなどの疑いで芸能事務所代表の41歳の男ら2人を逮捕、売春を行った女と買春した男らを書類送検した。事務所代表らは昨年3月から7月にかけ米国在住の韓国人の富豪などに対し女性芸能人らをあっせん、一晩で1300万〜3500万ウォン(約120万〜330万円)を受け取った疑いが持たれている。有名タレントを米国に呼び寄せたケースでは、最高額の3500万ウォンが支払われていた。

事務所代表は過去にも同様の罪で懲役6カ月の実刑判決を受けており、昨年2月に出所したばかりだった。

この報道に、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「芸能ニュースを確認すれば、去年米国に行ったタレントがすぐに分かりそう」
「『ネットユーザー捜査隊』の手で、そのタレントが誰かそのうち明らかになる」
「誰なのか本当に気になる」
「韓国は完全に腐ってしまった」

「顔がきれいだから他の所もきれいだろうと思っている、こういう男たちの考えは錯覚だ」
「芸能界にいる韓国女性の9割はこういうことをしてるとみていい。ガールズグループも例外じゃない」
「政治の次に汚いのは芸能界」

「結婚を前提に付き合って、愛し合った仲だと言えば済む」
「ずいぶん楽に金を稼いでるね」
「一晩でそれだけもらえる人もいるのか。間抜けにサラリーマンやってるよりましだな」
「スポンサーがいるってことでしょ。今までみんな分かってても知らないふりしてただけ」(翻訳・編集/吉金)